FC2ブログ
黎明の薄暗がり
midnight001.jpeg

「ウディ・アレン / ミッドナイト・イン・パリ」

終了ギリギリに観てきた。もうDVDでも良いかなあ、でも観たいなあ。
とウジウジしてたけど観れて良かった。そして、すんごくすんごく好きな映画だった!
おそらくDVDを買うと思う。それだったらDVDだけで良かったんじゃないか!?
という事は言わない、言わない、、

映画脚本家のギルは、婚約者イネスの父親の出張に便乗して憧れのパリにやってきた。脚本家として成功していたギルだけど、小説家を目指して執筆中。そんな彼の前に婚約者の男友達が出現、心中穏やかでないギルは真夜中のパリの町を歩いているうち、1920年代にタイムトリップしてしまう。そこはヘミングウェイ、ピカソ、ダリなど、ギルの憧れの芸術家たちが活躍する時代だった。

すごくすごく面白かった!これぞウディアレンの映画だなあ、と素直に思った。
細かい所突っ込むと「?」な所あるけど、そんなの気にしないで単純に楽しかった。
映画ってこうやって楽しむものだなあ、と改めて思ってしまう。
もちろん歴史映画や、楽しい!と言い切れない映画も好きだけど!

こないだ読んだ「原田マハ / 永遠の楽園」の中で書いてあったピカソ逸話が映画の中に出てきてたり
ピカソがまわりの人に「あのスペイン野郎!」とか言われてて、いちいち笑ってしまう。
メジャー好きな僕だからかも知れないけど、個人的に好きな芸術家がいっぱい出てきて楽しかった。
フィッツジェラルド、ヘミングウェイ、ピカソ、ダリ、マン・レイ、マティス、T・S・エリオットまで!

個人的にはダリ役のエイドリアン・ブロディが一番良かった。

ギルの婚約者イネスはパリに来たのにすることと言えば、買い物やワインの試飲パーティーばかり。
彼は言う。「雨のパリを散歩しない?」しかしイネスは「濡れるだけ」あしらってしまう。
女ってやつはいつだって現実的なのだ!なんか自分が恋人と旅行してるみたいな錯覚におちいり
イネスの態度に僕までイライラしてしまった。そしてやっぱり、旅は一人旅につきる!となる。

とにかくこの映画すごく好きな映画になった。観たばかりなのにもう一度観たい。

te559.jpg

The End_559 渋谷 / Nikon F3 「tumblr」「THE END」「Trinograph.」「Facebook」「Flickr」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/999-08962857
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)