FC2ブログ
レッドアイの赤
R0028178.jpg

「原田マハ / 楽園のカンヴァス」

話題になってたのと、個人的にルソーが好きなのと、ダヴィンチコード風という情報に期待して読んだ。

MoMAの学芸員ティム・ブラウンは、ある富豪に招待され休暇を利用しスイスに向かう。そこで見たのはアンリ・ルソーの大作「夢」とほぼ同じ構図、タッチをした「夢をみた」という絵だった。その作品の真贋を確かめるため呼ばれたティムと、ルソーの研究者である早川織絵は、7章からなる物語を1日1章読み、7日後にこの絵画の真贋を見極めることになる。そのプレゼンで富豪の心を動かした者にはこの絵の使用権を与えられる。。

これね、まあ面白かった。
前半はちょっとしんどい。いろいろな絵画の説明とかあるんだけど、その絵を知らないから、調べながら読んでた。
MoMAとテートギャラリー。日本の展示会と新聞社の関わりとか
結構知らないことが多かったから楽しめた。けど文章堅いね!堅い!

ダヴィンチコード風なのかな?あっちの方が世界が広いし、ハラハラした記憶があるぞ。
この小説はホテルと富豪の屋敷の往復でしかないから、そんなにハラハラはしなかった。
なんとなくゆるりと時間が流れて、最後のプレゼンに至る。そしてちょいビックリだったね。
絵画好きというか、ルソーとかピカソ好きには楽しめる本だと思います。

ルソーの才能を見いだしたのはパブロ・ピカソ。その話は有名だけど
ルソーが恋い焦がれていた女性、ヤドヴィカ(上写真のモデル)を説得したのもピカソってゆうのが少し感動した。
夫が居ながらもルソーに傾いていくヤドヴィカ。ましてや夫はまったく嫉妬や文句を言わない。ルソーの絵が好きすぎて。
それでも世間体を気にし踏み込めないヤドヴィカはピカソに相談するのだ。そしてピカソは言う。

「きみがモデルになればルソーの意欲は目を見はるものになるだろう。そして君はその絵の中で永遠を生きるのだ」

その絵が今でも展示されてて、今でもヤドヴィカは絵の中で生きてる事を考えると、なんとも感慨深い。

te545.jpg

The End_545 西小山 / Nikon F3 「tumblr」「THE END」「Trinograph.」「Facebook」「Flickr」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/985-e8708c5a
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)