FC2ブログ
義理堅いのはお国柄なんです
R0028126.jpg

「青山七恵 / 魔法使いクラブ」

とある女の子にお勧めされたので読んでみた。人から勧められたものは素直に読んでみる事にしている。
思春期にありがちな、言ってみれば面倒な時期のお話。森絵都っぽいのかな。
そいえば森絵都もこの子に教えて貰ったんだった。カラフルか。あの食卓のシーンは今でも鮮明に覚えてる。
少しのズレから始まって、気付いた時には修復不可能になっていく感じがジワジワ来て恐かった。

小学四年生の結仁は、放課後に友人の葵と史人と毎日魔法の練習をしている。「3人の願いが叶うまで魔法使いクラブをやめてはいけない」という約束を七夕の短冊にいたことがきっかけで、一瞬のうちにクラスの笑い物になってしまう。8年後、高校3年生になった結仁は、呪いのような記憶にしばられて生きていた。

「世界は突然自分を裏切り、はじきだす」という言葉でハッとした。

僕は高校生の時、友達と一緒にディスクマンでイヤホン片耳ずつ音楽を聴いていた。
たしかドリカムだったと思う。決戦は金曜日を聴きたくて、自分勝手にコロコロ曲を変えていた。
そしたらいきなりキレた!そしていなくなった!それから卒業まで一言も喋らなかったなあ。
あれはなんだったんだろうか。裏切られたわけではないんだが、なんか、、、あの時はごめんなさい。

追伸
つらい時期が続いてたみたいだけどうまく復調してくれたみたいでよかったです。
きみは敏感な人で気付きすぎるから心が痛む時があるんだよ、と想像しています。
この先、にっちもさっちも行かない状況になった時、もし話せる事ならば相談してください。
きみと僕はたぶん性格がまったく合わないんだろうけど、話を聞く事くらいはできるので。

te513.jpg

The End_513 渋谷 / Nikon F3 「tumblr」「THE END」「Trinograph.」「Facebook」「Flickr」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/952-fb2c1f84
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)