FC2ブログ
どぎつい香水のにおい
昨晩、本好き三人が集まって話しをしてた。その中で電子書籍の話が出た。
愛ちゃんいわく電子書籍は本の内容が脳に記憶されづらいらしい。
本を持って、ページをめくり、本の厚みなどを感じながら物語を推測し文字を追う
その行為が脳に記憶として残し、自分の知識に変わっていくのだそうだ。僕はこの話に強く共感した。

人間は触覚で感じる事がすごく多くて、指先にはたくさんの神経が集まってるらしい。
iPadやKindleとかで、あたかも本のページをめくるような演出があるけど
やっぱりどこまでいってもディスプレイには変わらないし、厚みや重みなんて感じられない。
そんな製品や環境が「生まれた時から当たり前に存在する世代」にはちょっと不安を覚えるよ。

もともとデータという物にあまり好意を持っていなく(仕事のやりとりはデータだらけだけど)
音楽も写真も本も出来ればアナログが良い、というより好きだ。
でもさすがに100%にはならなくて、音楽もiTunesで聴くし、写真も全部はプリントしない。
やっぱりデータの方が便利だし、良い所はすごく多い。。。

しかし、デジカメで撮った膨大な量のデータはPCの中で埋まってるだけの存在になってないか?
CDを買ってライナーノーツ片手に音楽を聴く行為をダウンロードでできるのか?
昔読んだ本のデータのタイトルを見返して、また読もうかな、、と思うのか?
映画だってダウンロードしたのでも良いけど、映画館に出かけでポップコーン片手に観たくないか?

もちろん100%にする必要はなく、たまに音楽をレコードで聴く機会はなくしたくないし
たまには桧川さんと一緒に暗室にこもり、プリント作業に没頭したい。本も映画ももちろん。
仕事でもアイディア出すときは、鉛筆でスケッチ描いて、練って、それから形にしていきたい。
簡単な言葉でまとめると「もっと面倒くさいことやろうぜ!」というだけかもしれん。

その方が人間らしくていいじゃない。と思ってしまう。

te_511.jpg

The End_511 旗の台 / Nikon F3 「Photo Archive」「THE END」「Trinograph.」「Facebook」「twitter」「Flickr」
■■■ | Comment : 2 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment

とりの

2012/05/21 22:01 ・・・EDIT

  うまいつきあい方が必要よね。それもアリという柔軟なつきあい方が。

2012/05/20 20:27 ・・・EDIT

  捨てられない物が増えてしまつて荷物いっぱいで今の時代的(断捨離流行ってるし)じゃないんやろけど、写真も本も思い出と一緒に沢山所有してたいんだよねー。
生きてる限り増え続けちゃうね。


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/950-3ddf7bf2
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)