FC2ブログ
きついのをもう一杯だけ
R0028038a.jpg

「萩原規子 / RDG -はじめてのお使い-」

本に関しては信頼を置いているブログがあるんだけど、そこで大絶賛してたので読んでみた。
そこで紹介されなかったら、ラノベっぽいし、このサブタイトルでは読まなかったと思う。

世界遺産の熊野古道にある玉倉神社。その神社に住む泉水子は中学3年まで中学と家の往復だけの生活を送ってきた。地元の高校に進学するつもりだったが、幼なじみの深行とともに東京の高校へ入学するよう親に決められてしまう。犬猿の仲だったふたりは同盟を組み、互いに反発する2人だった。しかし修学旅行先の東京で姫神と呼ばれる謎の存在が現れ恐ろしい事件が襲いかかる。

中盤まではなんだかゆっくりと、なにも起きず、謎らしき謎もなく、なにが面白いんだかまったくわからん。
登場人物像をゆっくり紹介してるような感じでヤキモキする。いつ面白くなるんだ?と。
でも東京の修学旅行が始まるあたりからもうすごい緊迫感、最後はもう2巻が気になって終わった。
でも謎は全部謎のままだし、1巻は2巻以降の布石でしかないんでしょう。

現在、完結編の第5巻が単行本で刊行済み、文庫は2巻までしか出てない。
今2巻読んでるけど、まぁ面白いです。それはまた。

te468.jpg

The End_468 茅ヶ崎 / Nikon F3

「tumblr」「THE END」「Trinograph.」「Facebook」「twitter」「Flickr」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/906-8492eced
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)