FC2ブログ
記憶の中の祝祭
te_shukusai_b.jpg

関ちゃんリカちゃんの展示会を観てきた。ふたりとも相変わらずな世界観で良かった。
初めて思う事じゃないんだけどさ、今回のリカちゃんの言ってる事、素直にいいなぁ、そうだなぁ、と思った。
ポートフォリオとも言えない、チラシとも言えない、いい意味で簡単な小冊子(適切な言葉がみつからない、、)
それに書いてあった言葉。それが僕にはビンビン来たんだよ。もう、ビンビン。

写真でも小説でも絵でもデザインだろうがアートだろうがなんでもかんでも。自己表現という名の下で
他人に伝える事はとても大切なんだけど、すごく根源にある思いとかはいまいち言葉にしにくいものでさ。
言葉にした瞬間にウスバカゲロウのようにヒラヒラ舞って、違うものになって伝わってしまったりする。
でももしそれがうまく伝わった、もしくは伝わったような気がした時、それは奇跡に近いような気がして。
それがあるからやめられない中毒のようなもので、でもその一瞬のために頑張ってるって所は多いような気がする。

もちろんお金とか、お金とか、お金とかも、、、あるけれど!

そのなんだかわからない言葉じゃないなにかって、リカちゃんと僕はなんだか近いような気がするの。
そんなにべらぼうに古い仲ではないんですが、、、いつだっけ?
女の子と男の子だから撮る写真は全然違うんだけど、なにか、ね。
僕の勘違いだったらごめんなさい。なんせ言葉にできないことなので!

関ちゃんのことまったく書いてない!
ランプ相変わらずかっこよかった。リカちゃんのにも貼ってあったけど、油紙みたいなのアレ良かった!
恋人同士で展示会とか憧れちゃうなあ。僕には一生そんなのできなさそう。ケンカになりそうで!
あなたたちカップルはまったくいつだってオシャレ!

te_shukusai_a.jpg

te_shukusai_c.jpg

以下、そのいい意味で簡単な小冊子から無許可で引用させて貰っています。

忘れてしまった風景
忘れてしまったことすら忘れてしまったこと

忘れられない光景

わたしのなかに確かにふりつもる
日々の記憶
記憶のなかの祝祭

「THE END」「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/875-be380359
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)