FC2ブログ
やわらかい光
img_1578040_37302655_0.jpeg

「About Shumidt」

ジャック・ニコルソン主演なので前情報無く観た。良かった。
20代前半に重松清がよく書く、哀愁的な表現の小説を読んで感動してた。
30代になった今読むと、あの時には感じれなかった感覚で感動した。
この映画も60代になった時、また違う感覚で感動するのかな。すると思う。

大手企業を定年退職した主人公。
第二の人生を謳歌すると意気込むが、いかんせん物事に手が付かない。
社会にも、家庭にも自分の存在意義を見いだせない。
付け加えて突然の妻の死。遠く離れて暮らす一人娘が結婚。相手が素晴らしくアホ。
と、なんだか哀愁というか、不幸の連続で可哀想になってくる。

それでもラストに向かって救いもあるし、やっぱジャック・ニコルソンはすごく名演だし。
観て良かった映画。
「俺が死んでも何も変わらない、何も残らない!!」
男として、すごく考えさせられる言葉だ。

ABS_ma1_1.jpg

以下引用
あまり語られていないことをひとつ。
この映画の主人公の名は「ウォーレン・シュミット」
「ネブラスカ州オマハ」で保険会社を定年まで勤め上げ、66歳で退職した平凡な男の話だ。
ところで、「オマハのウォーレン」といえば、人類史上初、株取引だけで億万長者になった
「ネブラスカ州オマハのウォーレン・バフェット」のことだ。
バフェット氏は「フォーブズ」誌の世界ランキング常連、今年73歳のアメリカン・ヒーローだ。

それに比べて彼は、同じネブラスカ州オマハのウォーレンでも、世界的資産家「バフェット」に
なれなかった。どこにでもいるありふれた姓「シュミット」だ。
映画ではバフェット氏のことは語られないけれども
「ほんとうは起業家になって、経済誌の表紙をかざりたかった」というシュミット氏のつぶやきと
その架空のイメージ映像も入っている。
それにシュミット氏を演じるジャック・ニコルソンの丸い頭と鋭い眼つきは
もうひとりの「オマハのウォーレン」に、確かによく似ている。

のだそうだ。

te296a.jpg

The End_296 芝浦 / RICOH GR2+テレコン

「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/705-98546efc
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)