FC2ブログ
枯れる花
munichit8.jpg

「MUNICH」

1972年のミュンヘンオリンピック。
イスラエル選手宿舎にパレスチナの過激派「黒い九月」ブラックセプテンバーが侵入。
選手を人質にし、イスラエルに捕らわれてる同胞の開放を求めた。
結果的に人質11人全員死亡の惨劇に終わった事件。
その後、イスラエル政府指示のもと水面下で行われた「神の怒り作戦」
その実行部隊の報復作戦を描いた、一部創作してるけどノンフィクション映画。

僕は昔からドイツ、イスラエル、パレスチナの歴史的問題に興味があっていろいろ調べてた。
多分きっかけは手塚治虫の「アドルフに告ぐ」からなんだけど。
その話をしちゃうと第二次世界大戦からなので、長くなるからやめておく。
まだまだ知らない事も多いし、無責任なこと言えない。

僕が思うのは、テロリズムに対し報復という選択肢しかないのか。ということ。
もちろん一言で済まされないし、当事者にしか分からない気持ちは多い。
それは分かってるんだけど、今回のビンラディンと同じような状況だからさ。
そんな時期だからこそ、なんだか考え込んでしまう。

劇中で報復を成功させていく諜報部員。それと同時に仲間も、報復の報復として殺されて行く。
主人公もPLO・ETA・KGB・CIAの影に怯えて、夜もおちおち寝られない。
最後にはイスラエル側も信じられなくなり、アメリカに亡命する。
亡命後、家族とともに幸せな日々を送るが、トラウマは残り、的な。

報復に報復で返しても、また憎悪を生むだけ。
悪循環で根本的な解決にはならない。そう思う。正論だと思う。
だけど目の前で家族を殺されたら、僕も相手を殺したくなるだろう。
「殺せ!殺せ!」とデモに参加するかもしれない。実際に殺すかもしれない。

例えば、肌の色で人を判別してはいけない。あたりまえだ。正論だ。
だけど、娘の結婚相手が黒人で、自分の家族になる。
となるとちょっとご勘弁。な人って普通に居ると思う。
なんだそりゃ、クソ野郎。と思うよ。でももしかしたら自分もそうかもしれない。
僕がそうゆう状況に居ないから、正論を言えるだけなのかもしれない。

なにが言いたいのかってーと、人間はどこまで行っても自分本意な生き物だという事。
もしくは、言葉にしないだけで、自分のまわりさえ良ければ良い。ってゆう事。
どこかの国で何万人が死んだ事故よりも
自分の身近な人間1人の死の方が、どれだけ影響を与えるか。

だからこそ、戦争も、テロリズムも、幼児虐待も、家庭内暴力も、中学生の万引きだって。
自分と遠い所で起こった事、自分に責任が降りかからない事であれば、正論を言える。
報復に報復で返すのは正しくないよね。と、言えるんだろう。僕も言った。

だけど、少しでも想像して知ろうとする事。知らんぷりではなく。
他人のそれが、ちょっとでも自分の事のように想像できれば
きっと世界は変わると思う。これは綺麗事でも、言い過ぎな事でもなく。

そのなんだかわからないものを信じて、僕はもっと勉強して価値観を広げて行きたい。
その時に少しでも、リアルな想像できるように。少しでも身近な事と思えるように。
たとえその先に「自分はなにも出来ない」という絶望があっても。そう居たい。

今回の地震だって同じだよ。

映画とはまったく関係の無い話になってしまったが。

シンドラーのリストで、イスラエルよりだ。と言われたスピルバーグ。
今作はイスラエル側でも、パレスチナ側でも無い。
とメイキングで語っていたけど、こうゆうナーバスな題材を
映画化しようとすることだけで凄い事だと思う。
山谷問題じゃないが、表現の自由が尊重されますように。

c17ea7f2.jpg

余談だけど、ローマ・パリ・ベイルート・キプロス・アテネなど
美しい町並みは必見かも。すごく綺麗に描かれてる。行きたくなる。

今日は文字ばかり。乱筆御免。

「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/674-a0e73f63
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)