FC2ブログ
ギリギリ貰えたプレゼント
R0026708.jpg

「レイモンド・カーヴァー / ささやかだけれど、役にたつこと」

短編集を読んだんだけれども。いつも思うんだけど
僕はなんで退屈な小説を好きこのんで読むんだろう。
せっかく読むんだから、為になったり、ハラハラしたり、恐かったり、
感動して涙が出る、心が動きそうな小説を読めば良いと思う。
(もちろんそうゆうのも大好きなんけどね)

映画も退屈な映画を好きこのんで観る。
ロードムービーなんて退屈の塊じゃないか。
(ハリウッド映画も好きなんけどね)

最初から話が脱線気味だけど、この短編も退屈で退屈で
オチすら見あたらなくて、感想を聞かれたら「で、なに?」に尽きる。

だけど読み終えた後に、心のはじっこの方に
しこりのような、澱みのような、なんだかわからないものが残るんだ。
それは生きてる中でなんの役にもたたないし、自分も忘れてしまうんだけど
何かの拍子にひょっこり出てきて、自分を暖かくさせる記憶になる。

そんな物語が僕は好きなのです。

te_196.jpg

The End_196 堀切 / Hasselblad 500CM 80mm F2.8

te_197.jpg

The End_197 荒川 / Hasselblad 500CM 80mm F2.8

「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/607-462680df
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)