FC2ブログ
追いかけられても、戦車で返り討ちにする。
寒暖の差が激しくて、風邪というか、熱っぽいです。
今日はこんなに暖かいのに、また寒くなるらしいです。
こんだけ差があればそりゃ体調も崩すわな。

週末はDVD大会。それも頭痛いかったから、簡単なの。

eigakaiji09091163.jpg

「カイジ」

勧められてたので。原作とはえらく変わってたけど
ビルとビルの間を歩くゲームの時は、ほんとうに手がビショビショになるくらい
手に汗を握ってた。テンポも良いし、楽しめる作品だと思う。
でも一回観ればいいな。うん

20090429_659727.jpg

「おっぱいバレー」

話はいたって普通。一昔にはびこってた「弱小チームが奮起して、団結して強豪を倒す」的な。
流れも完全に先を読めます。こうなるでしょ?って思うことがそうなる。

でも一点。主人公が国語の教師になるいきさつは泣いたぜ。
自分に重なって泣いてしまったぜ。

僕には3人の思い出深い先生が居ます。

小学校の5・6年の担任。小椋博子先生。
先生に気に入られたくて勉強頑張った。絵をほめられて絵を描くようになった。
多分好きだったんだな。こども心で。

そして中学校のバレー部顧問の宮凬先生。
いつもひっぱたかれて、3年間本当に本当に嫌いだった。ビクビクしてた。
それでも引退試合。先生が「おまえらとバレーやれて本当に良かった」と泣いたこと。
いままでひっぱたかれてたのが一瞬でチャラになった。全部良い思い出に変わった。

先生はその後やっぱりひっぱたき続けて、それを保護者?にみられて
PTAにチクられ問題になり、バレー部がない中学校にとばされちゃった。。。
何年か後駅でバッタリ会ったときは「いまは柔道部の顧問だよ」と気持ち寂しそうに笑ってた。

体罰の問題って本当に難しい。でも僕は先生にひっぱたかれてて良かったぜ。

kodomotachi.jpg

最後は専門の野口朝夫先生。この人が居なかったら今の僕は無いです。
デザイン以外にもボランティア、本などなどいっぱいお世話になってる先生。
体は大切に。

本当に一生の中でも「先生」の存在って、すごく人生を左右させると思う。
そして僕は本当に先生に恵まれてたと思う。
変なニュースも聞きますが、現代の子どもにも、良い先生に出会える教育現場であって欲しい。
と願います。

今日は自分の話ばっかやな。

「SCOPE WEB SITE」
リンク先のサイト内に掲載している写真をプリントアウトしてプレゼント致します。
全て無料なので気に入った写真あれば、サイト内の「GIFT」にてお気軽にお問い合わせください

「Trinograph.」
こちらが本業。

■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/372-5b10e82e
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)