FC2ブログ
あっちがたてば、こっちがたたない
e34bbc22.jpg

「伊坂幸太郎 / 重力ピエロ」

アヒルと鴨のコインロッカーがおもしろかったので、この人の小説は苦手ですが、加瀬亮好きだし。観てみた。

ずっと、ジャケッットの隣の人がタッキーだと思ってて、ジャニーズ嫌いな僕としては拒絶してた。
それが違う人だと判明したのも観るきっかけになるものです。

そして結果は全然おもしろくねえ。
冒頭はするっと世界に入って行って、期待してたんだけど
話が進むたびに「はあ?」と言う気持ちでいっぱいになります。
途中で先が読めちゃうし。終わり方も全然良くない。

観なければ良かった。です。

R0024265.jpg

「ポール・オースター / ナショナル・ストーリー・プロジェクト」

読もう読もうと思ってたけど、手に取らなかった文庫本。
僕の中でタイミングが来たみたいで、読み切りました。
Pオースターがラジオの中で視聴者に「実際にあった物語を送るよう」呼びかけて
集まった物語をまとめた本。
ってことはオースターの著書ではないんだけど、それはそれで。。

話によっては退屈感もあるんですが、短編小説と思って読むと、良い通勤の友になります。

にしても、この辺のアメリカ文学ってどうしても村上春樹臭がしてしまう。
もちろん逆で、村上春樹がアメリカ文学臭なんでしょうが。ね。

桧川さん。チャンドラーのロング・グッドバイ行ってきます。ね。

「SCOPE WEB SITE」
リンク先のサイト内に掲載している写真をプリントアウトしてプレゼント致します。
全て無料なので気に入った写真があれば、サイト内の「GIFT」にてお気軽にお問い合わせください。

「Trinograph.」
こちらもどうぞ
■■■ | Comment : 2 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment

トリノ

2009/11/19 21:18 ・・・EDIT

  僕も最近はDSに負けて読書時間が減ってます。
いけないことです。

村上臭というか、オチとかあるわけじゃない。
空気感というか、虚無感というか、なんでもない時間がすでに物語なんだというか、なんだか言葉にしづらいけれどまあそうゆうことなんだと思います。

hal

2009/11/17 17:27 ・・・EDIT

  最近すっかり本から離れています。
短編はさくっと読めてしまうのでいいですよね♪

村上臭ってことは、以前お話されていた
風景や動作などの書き方を感じる作品ってことですか(^^)?

カバーもすてきですね♪


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/266-1988d9f7
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)