FC2ブログ
ロウとスーパーを
Skyfall_3kp2fepo.jpg

「007 スカイフォール」

僕は「007」が大好きだ。MIシリーズなんて007に比べれば屁さ。スパイはジェームズ・ボンドだけで良いのだ。
あ、でもマット・デイモンのボーン系も好きだったかも。裏切りのサーカスももう一度みたい、、結構あるな。スパイ映画は好物みたいです。
いやしかし、その中でもやっぱり007が一番好きです。ベタですが、なんといっても英国のスパイというのが良い。
そして僕はダニエル・クレイグ版が大好きです。ショーン・コネリーもピアース・ブロスナン版も良いけど、ダニクレが一番なんです。

初めて心から愛した女性を失ったボンドは、組織を追い詰める為に、ハイチやボリビアで壮絶な戦いを繰り広げていた。ある日上司Mが心に秘めていた事件の真相が浮かび上がる。その内容はボンドにとって衝撃的なものであった。そして彼らの所属するMI6(英国情報局秘密情報部)本部が何者かの攻撃に遭う。ボンドの新しい任務は、その相手を発見し、脅威を取り除くことだった。

新作「スペクター」をみようと思ったんだけど、新作で出たばかりだから貸し出し中だった。なので復習を兼ねて「スカイフォール」をみた。
最初は映画館でみたんだ。メジャータイトルを映画館でみることはあまりないのです。シネコンが苦手というのと、映画に1800円は高すぎるから。
その話はまあいいか。そんで「カジノロワイヤル」から見直そうかなと思ったんだけど「スカイフォール」は前にみて面白かった記憶があったので。
この物語は、007の上司である「M」が標的にされるという珍しい設定。M役のジュディ・デンチ。意地悪そうなババアで好きです。

前半の上海、マカオのシーンはすごく良い。雰囲気が好きです。東洋の怪しさと豪華絢爛な内装が合わさっている感じが好きです。
そして中盤から出てくる、ハビエル・バルデムの怪演。存在感。僕が「怪演」と言う人は、基本的に「大好き」というのと同じです。
軍艦島でのロケ。しっかり軍艦島なんだけど日本にみえないから不思議でした。日本語表記がなかったからかな?
日本ロケと聞くと、ロケ隊が姫路城の壁に手裏剣でいっぱい穴を開けてしまい、ロケを中断させられた事件を思い出す笑。

物語は007お決まりのスタートダッシュから、苦難、復活、そしてM襲撃からシルヴァ逃亡、そしてスコットランドに行くまではすごく良い。
だけど、そっから急に失速する。スカイフォールの意味が分かってから。その後の立てこもり攻防もなんか面白くない。最後もちょっとあっけない。
完全に「ホームアローン」状態なんです「敵が来るからちょっと家の中にトラップしかけとこ」って感じ。実際しかけも古典的だし。
Mはコソコソ逃げるけど見つかり方も古典的。シルヴァがかなり好きなキャラだったので壮絶な最期が良かったな、、と少し残念でした。

ただひとつ、ボンドカーが蜂の巣にされるシーンはショックだった。たぶん今まででジェームズ・ボンドが一番怒ったのはこのシーンだと思う。
表情も音楽も怒り狂っていた「貴様わしの大事な車になにしてくれてんじゃ、ぼけっ!(なぜか関西弁イメージ)」って。
今回のボンドカーはアストンマーチンDB5。クラシックカー好きな僕としては、一番好きなボンドカーです。ロータスの時はガッカリした。
「スペクター」はアストンマーチンDB10って、サム・メンデス監督と共同でデザインした車らしいが、ちょっと未来的すぎて趣味ではない。

感想。アクションも良いし、マニーペニーもかわいいし、ボンドカーもDB5だし。悪役も好きな感じ。そして大好きなスコットランドの荒涼な風景。
全て良いのにやっぱり最後の終わり方があっけなくてちょっと、というかかなり残念です。
でももちろん合格点(そんなのないけど)以上だし、2時間半の間、ずっとドキドキしてみれる映画はあんまりない。
とりあえずは自分の中で、次の「スペクター」につなげるための布石としてみてみた、ということで。

te1607.jpg

The End_1607 多摩川 / SONY RX100m3

LINKS : 「THE END」「PHOTO DAIRY」「Trinograph」「Facebook」「Instagram」
■■■
▲▲▲