FC2ブログ
批判される側
hyakuen-550.jpg

「100円の恋」

「ペタルダンス」をみた時に、なんかとびきり演技が上手い女の子がおるなと思ってた。
それが安藤サクラで、そん時は脇役っぽかったけど(主役は宮﨑あおい)それからずっと気になる女優さんだった。
奥田瑛二と安藤和津の娘ってのがまた良い。幼少期や思春期にいろいろありそうだけど。(実際いろいろあったらしい)
彼女がこの映画で最優秀主演女優賞を取ったと、なにかで見たのでさっそくみてみた。

32歳の一子(イチコ)は弁当屋さんを営む実家で引きこもり生活をしていた。離婚して出戻ってきた妹との折り合いが付かず、一人暮らしを始めることになる。深夜のコンビニでのバイトにありついた一子は、帰り道に通るボクシングジムで練習に励む男に、恋心を抱いていた。ある夜、その男が一子のバイト先にやってくる。彼はバナナしか買わないバナナマンとして有名だった。男は買ったバナナを忘れて行き、一子がそれを届けることで二人は距離を縮めることになる。その男のボクシングの試合に呼ばれた一子は、始めてボクシングの試合を生で観戦し、勝敗ではなく健闘をたたえ合う世界に憧れを抱く。そして男は試合を境に一子の部屋に寝泊まりするようになる。

これは冒頭からかなり痛々しい。フィジカル的にもメンタル的にも痛々しいヴィジュアルが続く。
一子を演じる安藤サクラは嫌な感じに不健康に太り、煙草をふかし、ボサボサの髪の毛でTVゲームに興じる。
女を捨てているというレベルではなく、人間を捨てているような感じで。
でも関係のない世界でのことではなく、実際リアルにこうゆう人が居そうだから痛々しいのだ。

負けっぱなしの人生にある日芽生えた気持ち。単純に「勝ちたい」というもの。理屈抜きに肌が震え上がる言葉にならない感情。
そうゆうのがすぐに現実や結果に結びつくことは難しいけど、立ち上がったという事実は、一子にとって大きな転換だった。
とても不器用でとても不細工で、とにかく無様だけどみてる人の心を動かす。そしてとても美しいものに見えた。いやほんとに。
誰の心にも少なからずある気持ちだから、そうゆうのに共感する部分は小さくないんだと思う。

「ボーイズ・オン・ザ・ラン」の女版っぽい感じなのかな。実家を出て、独り立ちし、恋も上手くいきそうだった。
でもだめだった。やっぱり駄目ないつもの自分だった。ちゃんとした人間ではではない自分。劣等感&疎外感。
なによりもそうゆう自分が嫌いだったし、廻りに言われるまでもなく、このままでは駄目だということも自分が一番知っている。
すごくわかるぞ!僕はこうみえて劣等感では東洋太平洋チャンピオンレベルなので。でも勝ち組と負け組の境目って、自分の中にあるよね。

安藤サクラがすごく評価されてるけど、10日間の撮影でデブから絞る、撮影同時進行。ということばかりスポットされてる。
それもとてもすごいことだと思うんだけど、やっぱりこの子、演技がべらぼうに上手いんだよ。
どうしても目に見える部分ばかりが目立ってしまうけど、根もとにあるのはそっちかも。受賞は当然のことのように思います。
関係ないけど、劇中にでてくる、バカみたいにでかい肉は、、ちょっとグロくて駄目だった。音も。

te1570.jpg

The End_1570 矢口 / PENTAX67

LINKS : 「THE END」「PHOTO DAIRY」「Trinograph」「Facebook」「Instagram」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/1948-a75666ad
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)