FC2ブログ
職業倫理みたいなもの
maxresdefault_201604080821321af.jpg

「グラスホッパー」

僕は伊坂幸太郎作品に対して変な不安感がある。
でも同じくらい伊坂幸太郎作品だから、みてみるか、、という気持ちもある。
キャストにジャニーズ臭があるのも不安だったけど、気にならなかった。面白かった。
主役の生田斗真って人は「人間失格」やってた人か。太宰の。なんか普通に良かったな。

渋谷のスクランブル交差点で、ある事件が起こる。合成麻薬でラリった男が、ハロウィンでごった返す交差点に車で突っ込んだのだ。その事件で恋人を失った中学校教師の鈴木は、復讐に燃える。ある日事件現場にあるメッセージを見つける。鈴木は普通の人間だったが、仕事をやめて裏社会に身を投じることになる。。人を絶望させ、自殺に追い込む力を持つ、自殺専門の殺し屋「鯨」ナイフ使いの若き殺し屋「蝉」という、三人の運命が交錯する。

スタートからかなり陰気な感じで、世界にすっぽりと引き込まれた。
キャストはなんだか豪華で、浅野忠信、吉岡秀隆、石橋蓮司、村上淳、と、豪華。
2時間が短く感じたし、面白かったんだと思います。何度もみる映画ではないけど。
途中で、これは原作を読んでみたいと思ったほど。だけど、オチを知っちゃったら読む気はなくなるね。

「鯨」という殺し屋は、相手の目を見つめるだけで、その人を自殺させてしまう能力を持ってるんだけど
いかんせんその説明が少なくて、ただの超能力?って感じがした。いや超能力なんだけどさ。
人を操る超能力というか、自己暗示にかけ鬱状態にして、結果自発的に死ぬ。みたいな感じなのかな。それが超能力です、はい!って感じ。
最後の戦いは超肉弾戦だったからその能力がまったく関係なくて、普通にケンカが強い人になってた。

GPSって原作からの設定なのかな?携帯のGPSで細かい居場所が筒抜けだった。っていうくだりがある。
なのに最終的には電話かけて「お前どこにいるんだ!」って、GPSでわかるんじゃないのか?携帯つながってるわけだし。
物語に「携帯電話」が出てきた頃のあれを思い出した。好きな女性がどこか遠くに行ってしまう→街中を走ってとにかく探す。
いや電話しろ電話というあれ。でもそれじゃドラマチックにならない。汗かいて走って、やっと見つけないと感動しないのだ。

ナイフ使いの「蝉」は怖いな。やっぱり鋭利な刃物は怖いわ。音も怖い。
最終的に格闘映画になっちゃうのはちょっと残念だったけど、伏線は完璧に回収されているし、気持ち良かったです。
もう一つの組織、みたいなものがあるんだけど、実態が良くわからんかった。
女の子の殺し屋は好きでした。でも武器がアイスピックみたいな物だったから「1Q84」のいつもクールでタフな青豆さんにしかみえなかった。

みて損はない映画でした「ゴールデンスランバー」よりは格段に良い。

te1568.jpg

The End_1568 駒場 / PLAUBEL makina 670

LINKS : 「THE END」「PHOTO DAIRY」「Trinograph」「Facebook」「Instagram」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/1946-63b56a05
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)