FC2ブログ
損なわれた人
IMG_0346.jpg

「村上春樹 / 1Q84 BOOK2」

細かすぎるくらい説明された「あけぼの」や「さきがけ」そして「証人会」や「タカシマ塾」の歴史。
伏線を広げるための細かい設定やルール説明がほとんどだったBOOK1を経てのBOOK2。
とりあえずこの物語はBOOK2で終わり的に発表されて、その1年後くらいにBOOK3が発表されたので
とりあえずこれで終わりの物語なんだ。という気持ちで読んだ。でも最初から

※あらすじはBOOK1のコピペです。1984年の東京。スポーツジムのインストラクターをしている青豆は、タクシーで都心に向かう首都高速の上で渋滞に巻き込まれた。タクシーの車内にはヤナーチェックの「シンフォニエッタ」が流れていた。時間に遅れることができない青豆は、タクシーの運転手に促され、首都高速の避難階段を降りることにした。運転手は「見かけにだまされないように。現実というのは常にひとつきりです」と言った。予備校の数学教師をしている天吾は、かたわらで小説も書いており新人賞に応募していた。そこで知り合った編集者、小松に見込まれて「ふかえり」という17歳の少女が書いた「空気さなぎ」という小説の書き直しをしないかと持ちかけられる。天吾は迷いながらも興味を持ち、ふかえりに会うことにする。

BOOK1からの続きなのでどうやっても、なにを書いてもネタバレになってしまいます。なので未読の方は読まないでね。
なんといってもこのBOOK2で一番大きな時は、青豆による「リーダー」の暗殺計画と、実行だ。
待ち合わせのホテルニューオークラのロビーから部屋へ。リーダーとの対面、そしてリーダーとの対話。かなりの緊張感と濃い時間を体験した。
そしてそこから脱出する様は、もう変なミステリー小説とは比べものにならない程にドキドキし、ページをめくる手が止まらなかった。

そしてBOOK2まで読んでいくと「建築的な物語」という意味が少しずつ分かってきた。
伏線とか、時間軸とか、この時天吾はこうしてたんだ、とか、物事の真実とかのいろんなパズルのピースが頭の中で繋がっていく。
カチッカチッと、それは小気味良く合わさっていく。それも変なミステリー小説とは比べものにならないレベルでだ。
それが表面的ではなく、立体的に、建物のように構築されていく感覚は確かにありました。でもこえはBOOK3に進むにつれてもっと大きくなった。

大きな物から小さな物まで色々あるんだけど、小さい物事に気付くと異常にワクワクしてくる。
天吾の家に滞在していたふかえりが「カラスがきた」とい言う。青豆が高円寺にいる時もカラスが来たり。
青豆さんが「天吾くん」と独り言のように声に出したら、それはちゃんと届いていたり。なんか感動すらしてしまう。。
個々にしてみれば関係のないように見えるけど、大きな意味では繋がっていると言われている気がした。実際に物語はすべてつながっているし。

BOOK2でかなりはっきり表現されているのは、青豆の天吾に対する愛情だ。見返りを全く求めていない慈愛。そして天吾の為なら喜んで犠牲になる。
二十年も会っていないのに変わらず絶対的な愛がある。クールないつもの青豆さんだけど、同じくらい女子でかわいい所もあり、僕は大好きになった。
そしてそれは一方通行ではなく、ちゃんと天吾くんも青豆の事を想っている。この事実に僕は喜び、青豆さんに良かったねと語りかけていた。
青豆さんにすごく感情移入していたのだ。クールでタフないつもの青豆さん。情事に溺れちゃうけどたまに泣いちゃうし、ちゃんと女の子なのだ。

青豆さんはBOOK2ではいろいろあって大変そうだった。婦人警官あゆみも、リーダー暗殺計画もその後の逃亡も。たがが外れたように泣いてた。
だけど天吾はこのタームはあんまり動いていない。猫の街に行ってみたり、牛河とネットリ会話をしてみたり、ふかえりとおはらいしてみたり。
天吾くんも耳がカリフラワーみたいで好きだけど、このタームは青豆さんこんなに大変なのに、、まったく。と思った。
でも最後まで読むと、天吾くんは天吾くんでちゃんと役割があることも分かる。神の子なんかな?「神の子どもたちはみな踊る」の善也みたいに。

でも最後の最後、天吾くんは、空気さなぎの中身を確かめようとして、自分の弱さを自覚していた。
両親の戸籍を調べられたのに調べなかったり、青豆の場所も探していなかった。早く行動していれば事態はかわっていたかも、と後悔してた。
彼はその時も知らないままで済ませられるものなら、済ませてしまいたかった。目を塞ぎ、自分だけのささやかな世界に逃げ込んでしまいたかった。
でもちゃんと天吾くんは行動できたのだ。そして強い意志を持つことも出来た。この件に僕にとってとても学ぶことが多かった。

痛みを伴わない共感はないことと、同じくらい成長もないのである。と。

やっぱり断片的な文章になってしまっているけど、しょうがないかも。
BOOK3の感想でちゃんとまとめて書こうと思います。ちゃんと書けるかな?

te1566.jpg

The End_1566 駒沢 / PLAUBEL makina 670

LINKS : 「THE END」「PHOTO DAIRY」「Trinograph」「Facebook」「Instagram」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/1944-ce71e878
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)