FC2ブログ
つま先立ちの効果
c149de367b607370.jpg

「ジヌよさらば」

これも一気にみないといつまでもみない邦画シリーズ。松尾スズキ監督、脚本、出演作品。
この人、特に好きなではないけど、こないだ山本直樹と松尾スズキの異色対談読んだこともあって。主演松田龍平だし。
そしてこれは恒例の話ですがツタヤの「新作でも5本で1000円6泊7日」は魅力的で、ついついいろいろ借りてしまう。
貧乏性が出てしまい、全部新作で揃えたくなるけど後1本!で悩むことは多い。これはその、あと1本でチョイスした映画。

東京で銀行に勤めていたタケは、お金を扱う仕事ならではの苦労をし、結果現金に触れると失神しそうになる金アレルギーになってしまった。タケは仕事を辞めて、お金をまったく使わない自給自足をしに、田舎にやってきた。乱暴だが面倒みの良い村長、与三郎とその奥さん。そして村人に助けられなんとか生活を始める。

あらすじだけ読むと、お金使わないでエコで、都会で感じるストレスはなく、みんなで支え合い幸せだ!
というイメージを抱くかもしれませんが、やっぱり松尾スズキなのでそんな訳には行かず、コメディ色な物語です。
割と苦手な分野なんだけど、これはあんまり嫌悪感を抱かずに見れたかな。
松田龍平、西田敏行、片桐はいりとか好きな人が多かったからかも。大人計画の人たちは若干苦手。

中盤、松尾スズキ本人が出てくるぐらいから話が大幅に変わって、最終的にお金アレルギーがあんまり関係なくなっている気がする。
豪華な出演陣は良いんだけど、どんどん破綻して、結局は村長の過去の話になり、それを解決してちゃんちゃん系。
暇つぶしには良いんだけど、見てなにかを感じるかと聞かれたら、ちょっとコメントに困るかもしれない。
でもまあ良いのか、最近簡単なお気軽な映画ばかりみてる気がする。そうゆうタームなんだと思う。

西田敏行演じる神様ですが、キャノンの35mmのカメラで写真を撮っている。
真っ暗な山の中、ストロボなしで手持ち撮影してたり、明らかに標準のレンズですげえ遠くから撮っている。
それ撮れないでしょ、という突っ込みは本当に物語と関係ないから考えないようにしてるんだけど、どうしても気になる。
大豪雨の中、カバーもしないで首からカメラを下げてるのとか、すげえ気になってしまった。

二階堂ふみの小悪魔的なエロキャラはたまんないです。むさぼりつく龍平の気持ちは痛いほど分かる。
タイプとかではないはずなのになんでだろうか。それ以前のものがあるかもしれない。

te1425.jpg

The End_1425 四谷三丁目 / PLAUBEL makina 670

LINKS : 「THE END」「PHOTO DAIRY」「Trinograph」「Facebook」「Instagram」

■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/1803-caf629a7
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)