FC2ブログ
心に降る雨
chocolateddoonut.jpg

「チョコレートドーナツ」

久しぶりに良い映画をみた。という感想に尽きます。
いや良い映画はいっぱいみてる。優しい物語か。
この物語には優しさが溢れていた。同じくらい偏見も溢れていた。
、にしても最近、同姓愛の映画ばっかりみている気がする。。

1970年代のアメリカ。母親が薬物中毒で収監されたために、施設におくられることになったダウン症の少年マルコ。それをみてゲイでショーダンサーのルディは少年をかくまう。ルディの恋人で弁護士のポールと一緒にマルコの親権を取ろうとするが、ゲイのカップルということで、世間と社会、そして法律の偏見に阻まれる。

ちょっとずつ良くなってるんだろうけど、現代だってまだ普通に偏見と差別はあるし、なくなるというのは絶対にないとこだと思う。
そして物語は70年代のアメリカ。今よりももっと偏見の多い時代。そうゆう人にとっては生きるのすら厳しい時代だったのかもしれない。
物語の中で同姓愛の差別だけではなく、黒人差別の表現もちょっとだけあった。公民権法が制定されたのが1964年。
制定されたかといって偏見の目は消えない。ましてや10年なんて、あってないような期間。これは言葉でない人間の根幹的な問題がある。

ルディはゲイのパフォーマー。毎晩バーで女装をして踊っている。そしてとても魅力的な人間だった。
感情に素直で、歌もうまく、間違った事に間違いだと言える強さ、そして女としての弱さまで兼ね備えている。
マルコはダウン症でとても太っている。ルディは行き場がなくなりそうになったマルコを助けよう躍起になる。
それはルディも差別されている人間だから、哀れみの視線で起こした行動か。それとも人間として自然に起きたものだったのか。

あの人は普通なんだ、あの人はちょっと変わってるだけなんだ、あの人は人より不便なことがあるだけだ。
障害もダウン症も、太ってるとか、背が高いとかと同じようなこと。ただ人の手を借りないとできないことがちょっとあるだけ。
それはただの特徴であって、なんら普通の人と変わらない。そもそも普通ってなんなんだ?人間みな平等であるべきでしょう!
、、と心の底から本心で思える人なんているんだろうか。。そこには偽善というものがどうしてもつきまとう。

上でかいたことは僕が思っていることだし、僕の考えです。同姓愛者だろうがダウン症だろうが僕となんにも変わらない。それは本心。
だけどどこかで、そう思わないといけないという気持ちはゼロじゃないし、その時点で僕の心には偏見があるということになる。
ただ不便なだけなのに、可哀想な人という目でみてしまう部分。心の奥のそうゆう気持ちはきっと100%は消せない。
でもルディの行動をみてて、そうゆう気持ちがゼロに近く感じたんだ。自然にマルコに接していた。そこに偽善という印象は全くなかった。

これはもう障害とかどうの話ではなく、人と人の間にある壁の話なのかもしれない。
健常者同士でも壁がある人とない人はいる。合う合わないも。それに人種、言語の壁もある。
それをナチュラルにあたりまえに越えている人がいて、そうゆう人が一番強くて輝いてて、魅力的だということ。
マルコもルディのことが大好きで、彼と接して満面の笑みを浮かべる。僕にはそのクシャクシャの笑顔がとても美しいもの見えた。

これは事実を基にした物語だそうです。劇中でマルコを診察した医師がルディとポールに言う。
「ダウン症の子どもを育てるのは思っているよりも大変です。この子は就職もできなければ大学も卒業することはできない。ずっとこのままです」
僕はその医師が言葉にしなかった、裏の言葉を想像する。
「成長を感じられなく、手もお金もかかる、しかも自分と血の繋がらない子どもに愛情をもって育てることができますか?」と。

自分だったらどうする?どうゆう返答、そして実際の行動に移すことができるか?と自問した、とても良い映画でした。
ラストのことに関してはもう、僕にはコメントができません。ぜひみてみてください。そしてどう思ったか聞かせておくれ。

※障害や差別などのナイーブな事柄について意見を書きました。自分の考えにのっとった言葉ですが、取り方の違い等で不快な思いをされたら深くお詫びを申し上げます。

te1377jpg.jpg

The End_1377 渋谷東急工事 / PLAUBEL makina670

LINKS : 「THE END」「PHOTO DAIRY」「Trinograph」「Facebook」「Instagram」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/1752-50ab5b71
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)