FC2ブログ
WHO AM I
10010271_h_pc_l.jpg

「デヴィッド・リンチ / ローラ・パーマー最後の7日間」

さて、総括も兼ねた劇場版のレビュー。本編より数段面白かったし分かりやすかった。
でもこの面白さは本編をみていないと分からないものです。なによりも本編みてないとチンプンカンプンのハズ。
TV版の後半はリンチが監督しているエピソードが少ないらしい。だからいかんせん面白味(恐怖感)が乏しかったのかな。
こちらの映画版はもちろんリンチ監督作品。2時間ちょいの長さだし、かなり内容が濃かった。

ある少女の変死体が発見された。少女の名前はテレサ・バンクス。この事件を捜査するために派遣されたデズモンド捜査官は、捜査中に失踪。代わりに行方不明になっていたジェフリー捜査官が急に現れるが、「邪悪な物の存在」を警告した後でまた消えてしまう。事件の謎は深まるばかりででそのまま1年が過ぎた頃、ツイン・ピークスで17歳の少女ローラ・パーマーの遺体が発見される。この物語は7日前からローラ・パーマーの遺体が発見されるまでのを描いた物語である。

本編で深く語られなかったことがありありと説明されている。それは決して後付け感があるものではなかった。
TV版でクーパーの捜査が進みいろいろと真実が明らかになっていくけど、それはあくまでも推理だし、言葉、証言を元にしたもの。
それがこの映画ではローラの行動としてのビジュアルになっている。あの時クーパーが見つけたのがこれか、とか、あの証言通りだ、、とか、
いろいろ結びつく感覚。断片的に散りばめられていた色んな要素が、この映画で検証され繋がっていく。とても気持ちが良かった。

最後まで通しで見終わった今、振り返って思い出してみると、、いろいろ漏れ出してたんだな、、。という感想です。
漏れ出している、、これは通してみないと伝わらないものかもしれない。でもとにかくいろいろ漏れ出してたんだと思う。
しかしローラ・パーマーさんよ。あなたかわいい顔していろいろやってまんな。。というのも率直な感想。
喫煙、飲酒、売春、ドラッグ、荒れる性生活、幻聴、幻覚。。とても17歳の女子高生とは思えません。

ツイン・ピークスを総括。なんて、こんな一筋縄ではいかない複雑で難解で長い物語、無理だ。だけど僕なりに思ったこと。
僕はツイン・ピークスだけに限らず、デビッド・リンチ作品をここまで見てきて、そこまで意味不明なものばかりだという感想はあまりない。
もちろん難解だったり、意味深だったり、メタフォリカルすぎて答えを見いだせないものもある。時間軸だってバラバラだし。
だけど、ちゃんと(という表現があっているかわからないけど)みれば、ちゃんと成り立っている物語だし、そこまで意味不明ではない。と思う。

マルホランド・ドライブだって、難解だけどちゃんと筋道が通っているということを理解したら、素晴らしい作品に思える。
ツイン・ピークスなんてそれに比べればかなり俗っぽい所があるし、第一部のローラパーマー殺人事件までは、かなり分かりやすい。
そして今回のローラ殺人事件以前の物語をみて、より筋だった物語ということを再認識する。わざと視聴者を混乱させている手なのかもな。
インランド・エンパイアは、、かなりハードルが高いらしいけど、、、そのうちに頑張ります。

そしてなによりもデビッド・リンチの作る超オリジナルな世界観と、ビジュアルと画の美しさ。
人間の意識、そして生命の裏の裏を描こうとする行為。そしてカルト、ダーク感。音響のキリキリ具合。
ここまでとは想像できなかったけど、僕はデビッド・リンチの大ファンになっていることを認めざる得ない。
ダメな人はダメ、ハマる人はハマる。のハマる方にどっぷりな訳である。

これ、、ツイン・ピークス総括にはなってなくて、リンチ感想になっているな。。でもこの後も相変わらずリンチ映画を見続けている。
村上春樹にハマった20代前半、、影響を受けすぎてネガティブになっていた自分。
そして30代中盤でハマったデビッド・リンチ、、やっぱり影響を受けすぎてネガティブになっている。
実際、メールの文章とかみ返すと顕著にそれが出てて、ちょっとまずい感じもしている。。でもしょうがないことなのだ。

te1362.jpg

The End_1362 武蔵小山 / PLAUBEL makina 670

「THE END」「PHOTO ARCHIVE」「Trinograph.」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/1735-c348a600
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)