FC2ブログ
行動学講座を受けましょう
twinpeakssstop.jpg

「デヴィッド・リンチ / ツイン・ピークス 第二部以降」

三回に分けると書いたけれど、面倒くさいので、一気に書いてしまおうと思います。
理由は面倒くさいだけではなく、後半、物語はあまり発展しなかったのもあって。。

あらすじは前回の物と同じです。アメリカの北西部に位置する田舎町ツインピークスで、美しく定評のある女子高生ローラ・パーマーの死体が見つかった。犯罪とは無縁ののどかな街で起こった残虐な事件にFBIの特別捜査官クーパーが派遣された。誰からも愛されていたローラは、捜査が進むにつれて裏の顔が明らかになっていく。そして彼女らをとりまく人間は全員どこか影があり、事件の闇深さを想像させる。そしてある晩、クーパーは不思議な夢をみる。そこは真っ赤な部屋で、小さなおじさんとローラが生きた状態でソファに座っていた。そしてなぜかクーパーは老人になっていた。ローラはクーパーの耳元で囁くように自分を殺した人物の名をクーパーに告げる。

前情報で中だるみがある。というのを耳にしていたんだけど、僕は最後までかなりダルかった。
一応中盤として4話の短いエピソードがありそれは面白い。というかかなり現実的なタームなので分かりやすい。
その後最終話に向かうにつれ、かなり非科学的な内容になっていく。もちろん今までもかなり非科学的なんだけど。。
クーパーの元上司であるウインダムが主要キャラなんだけど、結構などす黒さなくせにあんまり恐くない。というか魅力的ではない。

でもここまで来て途中でやめるという選択肢はあり得なかったので、最後まで耐えて見続けました。
最終話に近づくにつれ、ミスコンやクーパーの恋など、そして「ブラック・ロッジ」の謎も明らかになりつつ、気持ちも盛り返す。
見てないと分からないと思うので恐縮ですが。「ブラック・ロッジ」というキーワードがかなりの肝でした。
それはカトリックにおける「リンボ」みたいなもので、日本語だと辺獄と訳される、いわゆるあの世の一歩手前みたいな場所。

その存在が分かってきて、今までの難解だった物事を一気に明確にさせる、、はずだったけど最終的にはやっぱり難解でした。
そして最終話!内容は語りませんが、これはいろんな解釈ができる、、というか、答えはなさそうだ。。
でも例のあの「赤い部屋」で起こった事は僕の目を釘付けにした。もちろん意味はわかっていないけど。笑
ここまで長いのみてきたので達成感の方が勝ってしまうので分からなくても良い。正直な所、第一部で終了、で良かったかな。

これ、想像だけど、、2016年の続編を見越しての終わり方だったとしたら、、
赤い部屋でローラ・パーマーも「25年後に会いましょう」って言っていたし、、でもそれってかなり前半で言ってたな。。
もし、もしもそうだとしたらすごいスケールの伏線だと思う。来年が楽しみだけど、また長いのみるのも正直億劫かもしれん。
と言う訳で一応テレビシリーズのツイン・ピークスは見終わった訳です。ツイン・ピークス総括は次回の「劇場版ツイン・ピークス」にて。

te1359.jpg

The End_1359 下北沢 / SONY RX100m3

「THE END」「PHOTO ARCHIVE」「Trinograph.」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/1732-601b743b
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)