FC2ブログ
達観しているもの
ba88ce0a51f26cf7.jpg

「ヒューリー」

ブラッド・ピットの出てる映画はなるべく観るようにしている。ハズレが少ない印象が強いので。
この映画は誰かがブログで絶賛していたのを覚えてたし、ブラピだしで前情報ほとんどなく観た。
戦争映画は苦手なので有名所を押さえる程度の僕、だけどこの映画はゴリゴリに戦闘映画で、観てて辛かった。
グロ表現も少なくなかったので大変だったけど、いかんせん面白かった。というよりも名作だった。ブラピジンクス崩れず。

第二次世界大戦下、ナチスドイツの領土に侵攻を進める連合軍。戦場で評価が高く、経験豊富なウォーダディは戦車部隊のリーダーだった。彼が名付けた「ヒューリー」という戦車で戦っていた。ある日新兵としてノーマンという青年が配属された。彼はタイピストで、なにかの手違いで配属された戦闘未経験者。想像を越えた悲惨な戦闘に彼は自信を無くし、逃げだそうとした。しかし乱暴にみえたウォーダディの配慮によって他の兵士とも絆を深め、戦闘を続ける。

戦争映画にありがちな、同情心に訴えかけるものではなく、あくまでも悲惨さ、虚しさ、不毛さにスポットしてて良かった。
もちろん第二次大戦下、しかも末期のドイツ。追い込まれたナチスドイツ軍と、疲れ果てた連合軍の戦闘が悲惨でないはずはない。
新兵のノーマンは戦闘に慣れず苦悩していたが、最終的には怒りの感情と共にナチス軍を排除していた。彼のニックネームは「マシーン」になった。
ニックネームで呼びあうことで彼らの連帯感は深まる。しかし彼らは連帯して人殺しをしている。そんなに虚しいものはあるか?

だけど、やらなければやられる。という超現実な戦闘のもと、兵士たちは殺しあいを続けていた。
劇中、聖書の文言がよく出てくる。ウォーダディは戦闘でしか自己を確立出来ず、戦車を「ホーム」と呼んでいた。
終盤大きな戦闘になる件は、少し青臭い表現であまり賛同しないものだったけど、この映画が言いたいことは、ここに詰まっている。
おそらく冒頭にでてくる戦場の白馬のシーンも、同じことだと思います。

戦争は良くないことです、だからやめましょう。と言う事は簡単だ。そしてもちろん僕は戦争に行ったことはない。
戦争という言葉の裏に、こうゆう殺し合いがあること。それは昔話ではなく今現在でも行われていること。
映画を通じてそうゆう現実が少しでも知れる。そうゆう思わせる作品は、シンプルにとても素晴らしいものだと思う。
でもやっぱり戦争映画は苦手だ。。なんだろう、映像じゃなくて漫画なら良いんだろうな。音とかないし。

ドイツの美しい田園風景と、いかつい鉄の塊の戦車の行軍風景が、すごいコントラストだった。そのギャップに美しさを感じてしまった。
あとドイツ軍の戦車ティーガーは強そうだけど、角張ってて好きじゃない。アメリカ軍のM4シャーマンの方が丸っこくてかわいい。
ブラッド・ピットはただの二枚目俳優ではない。歳を取るほどにどんどん風格が出てくる、見た目も演技も。
弾道の表現が、スターウォーズみたいな色光線を伴うものなのは、ちょっとどうかと思ったけど、敵味方の弾を区別するには便利。

松本零士の漫画に「ザ・コクピット」という戦争をテーマにしたオムニバス形式の漫画がある。
この映画をみている間、その漫画のことを思い出していた。とても好きな漫画だった。
戦争も、殺し合いも大嫌いだけど、戦闘機も戦車も大好きな僕は矛盾しているかもしれない。
でもやっぱりかっこいいと思ってしまう。漫画としても面白かったその作品、読み返したい熱がすごく上がっている。

te1293.jpg

The End_1293 洗足 / Nikon D610

「THE END PHOTO」「PHOTO ARCHIVE」「Trinograph. INTERIOR」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/1663-28c5e457
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)