FC2ブログ
局地的な砂嵐に似たもの
interstellar-featured.jpg

「クリストファー・ノーラン / インターステラー」

前に僕はここで「インターステラーはDVDでみればいいや」と書いた。
今回、早稲田松竹の特集で「ゼロ・グラビティ」と同時に上映しなかったらそうなってたはずだ。
そんな訳で映画館でみてきた感想は「映画館でみてよかった!」です笑。物語とは別にして大画面、大音響でみれて良かった。
普通のことなんだろうけど、僕の場合、物語重視な所があるので。でも映画をみる姿勢が少し変わった。(映画によっては)迫力って良い!

近い未来、地球全体の規模で起こっていた食糧難と、環境の変化に伴い、人類は滅亡の危機に脅かされていた。その状況で、ある組織が秘密裏にすすめていたミッションがあり、そのキーマンにある男が抜擢される。その男は元宇宙飛行士で、現在は農業をしながら家族を支えていた。そのミッションとは、宇宙の果て、ワームホールの先にある銀河で発見された未開地へ旅立つというものだった。男は地球に残さなければいけない家族のことを思い葛藤する。

僕はクリストファー・ノーラン信者ではありません。でも「インセプション」は大好き。他のはあんまりかな、、嫌いではないけど。
そして今回のこの作品は「インセプション」と同じくらい、それ以上に好きになったかも。少なくともまたみたいと思ってる。いや、みるだろう。
「インセプション」が「夢」という意味で人間の意識の中へ中へ降りていく物語だとすると、今作は宇宙なので外へ外へ向かう物語だと思う。
僕は勉強はできないけれど、物理の話は大好きだし宇宙の話も大好きだ。そして哲学の話も大好き。その全部がこの映画には詰まっていた。

簡単に言うとこの物語は、むかし手塚治虫や藤子不二雄、松本零士がお腹いっぱいになるほど描いていた物語と大差ない。
人類の危機を救うために何万光年も先の、それもワームホールを通って、遠い遠い別の銀河を目指した物語。
そこに家族の愛を描いた、ってすごくベタな話だと思う。だけどいわゆるワープの表現は「光速でドキューン、はい到着」ではなく
ちゃんとコールドスリープして木星の側まで行き、そこにあるワームホールから別の銀河へ行く。などちゃんと表現されている。

実際問題、それが合ってるのかどうかは僕は知らないけど、なんかちゃんとしてるような気がするんです。
ワームホールとかブラックホールの形状の説明とか、特異点とか事象の地平線とか、聞いててドキドキした。合ってるのかどうかは僕は知らない。
宇宙の知識がなくても楽しめるけど「重力が強いと時間の進み方が遅くなる」という一般相対性理論のとりあえずの知識は合った方が楽しめるかも。
「この星の1時間は地球の7年分だ」なんてまるっきり銀河鉄道999だけどね。時間は絶対的なものではなく、相対的なものなのよ by メーテル。

大好きな映画になったので、これ以降壮絶にネタバレします。未見の人は読まないでください。
宇宙の話に疎い人は「?」の部分が多い映画かもしれない。だけど僕の中では大絶賛できる映画です。
僕の宇宙論、物理学、量子論の知識は佐藤勝彦の本を、さらっと、本当にさらっと読んだだけの薄っぺらい物ですが、それでも十分楽しめます。
上映時間180分、少し長いけどあっという間に終わりました。ちなみに僕は映画館だったけどちょっと泣いたよ。そのくらい良かった。

ミッションはいわゆる人類移住計画なんだけど、発案者の博士は死の間際に「そのプランは実現不可ということを知っていた」とか言い出す。
その計画に要する計算には「重力の謎」が解明されないと解けないらしい。そしてその鍵はブラックホール内の量子力学のデータが必要なんだって。
これは後で調べた事だけど、全人類を宇宙に送り出すには巨大な質量(宇宙船やコロニー)を宇宙に飛ばす為、重力を操作する技術が必要らしい。
ブラックホールは重力が強くなりすぎてできたものなので、一度入ったら出られない。だから鍵は手に入らずプランの実現も無理ということらしい。

でも主人公クーパーは、仲間のアメリアの為に自らを犠牲にしてブラックホールに落ちていく。その先に特異点があり「5次元の中の3次元」がある。
そこはテサラクトと呼ばれるみたいで、量子論や超ひも論が関係するらしいけど、僕には正直まったく理解できない。
なんにしてもそこで起きた事が全ての始まりになった事。そこには時間や距離を超えたものがあって全てのつじつまが合う。「彼ら」の意味も。
この辺のつじつま合わせは、さすがクリストファー・ノーラン。でも合ってるのかどうか、まったく僕は分からない。

とにかくラストです。「5次元の中の3次元」なんて理解できる訳ないけど、物語としてつじつまも合う。無理矢理合わせた感も否めないけど。
いろいろあるけど時間と距離を超えたシンプルな愛か、、ハードなSF映画なのに最終的には愛だろ、愛。と娯楽映画に落ち着いてる所がすごく良い。
「死ぬ瞬間に思い浮かべるのは子どもの顔」という言葉とか、すごくベタな言葉なのにやけに心に響いてしまった。
後日譚、クーパーが向かうのはまた宇宙の果てに残してきたアメリアの元だし、、もう愛だよ、愛。

細かい所は抜きにして、これは最高に頼めるSF映画でした。DVD買っておこうかなと思っているくらい。
なんかで読んだけど、クリストファー・ノーラン監督は大のスマホ嫌いなんだそうだ。だから映画でもスマホは出てこない。
昔は夢を抱いては遠い空を見上げていた。でも今の若者は下向いてスマホの小さな画面ばかりみてる。って。
僕もスマホ持ちだけど、たまに電車乗るとみな同じ姿勢でスマホみてる光景に少しうける。本読んでる僕も同じような物なんだけどね。

ちなみに、SF映画につきものの世話役ロボット。スター・ウォーズのR2-D2や、2001年宇宙の旅のHAL的なあれです。
今作は謎の立方体ロボです。賛否両論ありそうだけど、僕はとても好きでした。
かさばりそうな形状も、動きも、性格も(これは設定できるみたい)名前あったのかな?
ロボット=ただの機械。感情も設定だし、、とわかっているのに感情移入してしまう気持ち。男子だけかな?

te1249.jpg

The End_1249 渋谷 / PLAUBEL makina 670

「THE END PHOTO」「PHOTO ARCHIVE」「Trinograph. INTERIOR」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/1619-75e69d30
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)