fc2ブログ
ハイブリッド・ミスターポール
originaldallasbuyers.jpg

「ダラス・バイヤーズクラブ」

実話を元にした映画が続きます。

1985年アメリカテキサス州。電気工のロン・ウッドルーフは酒と大麻に溺れ、多くの女性との性行為を重ねていた。ある事故で病院に運ばれたロンは、血液検査の結果怪我ではなくHIV検査で陽性反応があり、余命30日と診断される。信じないロンは病院を飛び出し、図書館でエイズについて調べる。そしてHIV治療薬で、AZTというものが臨床試験段階で存在していることを知った。

この映画面白かったです。ほんと良く出来てる映画だと思います。
テーマ自体軽いものではないんだけど、そこまでシリアスにならないのは、ロン役のマシュー・マコノヒーにあると思います。
この人まったく知らなかったけど、エイズ患者役の為、過激な役作りをしたらしい。当時183cmで61.2kgというガリガリ。
、んでもその外見だけじゃなく、演技として鬼気迫るモノがありました。既存のお涙ちょうだいとは対極の意味で。

まず同性愛について。ホモセクシャルを痛烈に批判して、毛嫌いしているロン。
だけどエイズだということだけでロンまで同性愛者扱いされる。それに耐えられないロンだけど、なにもいえない。
話は進み同性愛者のビジネスパートナー的な存在ができるんだけど、決して綺麗な言葉とはいえない言葉を投げつける。アンチだ。
だけどたまに優しい気持ちが見え隠れして、口は凄く悪いのに「この人不器用なだけですごい優しい人なんだ」と思わせる。

自分で言うのもあれですが、僕みたいだな、と。笑

認可されてないから薬は処方できないという医師。しかしロンは強行して手に入れ、自分で試しその効き目を証明する。
そしてビジネスとして不認可の薬を横流しする。それはビジネス。どこまでもビジネスの体でやっている。だけど、本当にそれだけかな。
きっとビジネスの才能もあったんだと思う。だけど小さい正義感みたいのがちょいちょい出てくる。ダイレクトでじゃない所がすごく格好いい。
「自分、不器用ですから」ということだ。覚醒剤、酒、煙草、金、女関係、全てにおいてダメ男だけど、どこか輝いて見えたのは僕だけだろうか。

死亡宣告されたエイズ患者の生き様的な物語だけかと思ってたけど、他にいろいろあって
新薬の効果を試すための、言葉は綺麗に変わってるけど「人体実験」的なことをしてる医療業界の闇。
患者が自分の生き方や投薬される薬さえ選べない、不自由な制度など。あと同性愛者の差別ね。
そんな中、ロンは自分の生き方を自分で決めていた、その姿勢に賛同する人たちが大勢いたということ。格好いいな。

日本に来るシーンがあるんだけど、こうみると日本人って中国人と一緒にされてもしょうがないかもと思ってしまう。
それは日本人としてはどうなんだとおもうけど、やっぱり向こうの人にしてみたら、アジア人という大きなくくりはやはりある。
僕もヨーロッパにいったとき、すれ違いざまに「ヘイ!チャイニーズ!」と声かけられたことは多かった。
それは悪意があるものではなかったけれど、その当時の僕は、どこか釈然としない気持ちになったものだ。

te1085b.jpg

The End_1085 武蔵境 / Nikon D610

「THE END PHOTO」「PHOTO ARCHIVE」「Trinograph. INTERIOR」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/1553-25484c8f
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)