FC2ブログ
寡黙な男の背中に憧れるロングヘアの女
img_0iyosu.jpg

「三谷幸喜 / 清洲会議」

ステキな金縛りで三谷幸喜熱があがり、自分の中で新作とか関係なくなったのでみてみた。

本能寺の変で織田信長が明智光秀に討たれ、跡目を継ぐのは誰かと人々が噂する中、後見人に名乗りを上げたのは、柴田勝家と後の豊臣秀吉である羽柴秀吉だった。勝家は三男である信孝を、秀吉は次男の信雄を信長の後継者に推薦した。裏では信長の妹であるお市や、信長の弟、三十郎などから賛同を得るために、ご機嫌を取ったりなどいろいろある。そしてとうとう跡継ぎを決める「清洲会議」が開催されることになり、両派の思惑が複雑化していく。

僕は日本史に疎い。苦手分野といってもいい、興味も薄い。世界史の方が好きだ。ヨーロッパの歴史なんて大好きだ。
こんだけ映画や小説読んでても、時代劇や武士の話とかに興味が向かない。黒澤明の有名所くらいしかみたことない。
いわゆるテレビでやる時代劇もすぐチャンネル変えてしまう。そもそもTVみないんだけどね。
だけどこの映画はそんなに気にならなかったです。キャストが若いからか、三谷幸喜のコメディ臭がそうさせるのか。

信長は知ってるけど「信長協奏曲」の知識程度。あ、日本史、漫画は大丈夫なのかな。。でも他には思い当たらないな。
なんか駅でみたけどあの漫画、ドラマになったの?完結したのかしら。だとしたら見てみたいけど主演、小栗旬だったような。
最近なにかと縁があります。岳はまだみてません。えーとなんか話があっちゃこっちゃしてるな、なにがいいたいかというと。。
そんな僕なので史実に基づいてるかどうかはわからん。でも歴史に疎い僕だからこそ楽しくみれたのかもしれない。

秀吉役が大泉洋。北海道の人。マー君(友達)似。この人あまり好きではないんだけどこの映画ではよかった!
秀吉ってこんなにしたたかな人物だったの?でもなんかすごく興味出てしまった。ちょっと勉強してみたいと思った。
一方、柴田勝家役は我らが役所広司。三枚目役を熱演してたけど、今回は少し大きい声を出しているだけの気がした。
そうゆう役作りなんだろうけど、ちょっと耳についてしまった。

全体的に三谷幸喜の映画全般にみられるドタバタ感はあんまりない感じでした。
所々でイベントというか、笑ってねポイントはあるけど、全体的には静かなもんだと思います。
なんにせよ相変わらずの豪華なキャストは健在で、三谷映画常連の人もあれば、意外な人も出てた。
妻夫木くんとか意外かもな。一番好きなキャラだったかもしれないけれど。笑

エンターテインメントとして面白かったし、駆け引きとか腹の探り合いもあって普通に楽しかった。
でももう一回みるかといったらそうはならい。それはやっぱり日本史の苦手意識がそうさせるのかもしれない。
「ステキな金縛り」も「ラヂオの時間」は何回もみたいと思うけど、どうなんだろ。
という訳で僕的三谷幸喜ランキングは変わらずな感じです。

余談ですが、TREDICIのりょうくんの唯一の長所は日本史です。この映画みたあとちょっと話をふってみたら
でるわでるわの日本史ネタ。そういえば洗足池いったとき、勝海舟のお墓でテンション上がってたわ!
人の意外な一面を垣間見ると、その人の印象も変わって見えます。ちょっと得なんじゃないかなとも思う。
やっはじめは印象が悪いくらいの方がいいんじゃないかな。りょうくん!来年も自信持っていきましょう!

te1060.jpg

The End_1060 碑文谷 / PLAUBEL makina 670

「THE END PHOTO」「PHOTO ARCHIVE」「Trinograph. INTERIOR」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/1527-18b2031d
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)