FC2ブログ
京王線の記憶
bkouctashidkepd.jpg

「僕達急行 A列車で行こう」

大手不動産会社勤務の小町と、蒲田の鉄工所の二代目の小玉。この二人は、鉄道という共通の趣味をもつふたりは、ある鉄道の中で運命的な出会いを果たし、すぐに仲良くなる。小町は鉄道の車窓を流れる景色と、ジャズのコラボレーションに狂い、小玉は車両を形成する部品、一つ一つを愛でる。細かい所は違えど、それぞれの趣味を尊重し、近すぎず遠すぎずの距離を保っていた。しかし、ふたりともマイペースな為、女性関係は思ったように進展せず、途方に暮れている中小町に上司からある辞令が下る。

えーと、この映画。すごく面白かったです。すごく面白かった!
僕は鉄道オタクではないけれど、鉄道は嫌いではない。どちらかといえば好きだ。
キハ○○がなんだ。とかいわれるとわからないけど、京急をみればすごくテンションがあがる。
それがドレミインバータ車だったらもう一段階テンションがあがる。でも鉄道オタクではない。笑

それと、普段カメラ持って東京中を散歩したり、自転車でかけ回ってるからだと思うけど、
この映画に出てくるロケ地は見覚えのあるところばかりで、そちらでもすごくワクワクした。
蒲田、六郷土手、代々木八幡、北千住、神奈川新町。そして鶴見線の海芝浦!
その度に「おお、ここはあそこだな!」とわかるといちいちテンションがあがって大変だった。

「人それぞれ楽しみ方は違くていい」とか鉄道の話だけど、違うことにも言える、どこか意味深なセリフも良かった。
物語的には、ピエール瀧の件とか、お見合い相手のお父さんの件とか、ちょっと都合が良すぎるし細かい突っ込み所は多い。
だけど、そうゆうのにいちいち反応する映画ではないかもしれない。コメディ感覚で良いと思います。
失楽園とかの森田芳光監督の遺作になった作品みたい。監督が結構な鉄道マニアだったらしいです。

松山ケンイチと、瑛太のダブル主演ですが、セリフが、いかにもセリフいってます!的な感じ。
これは狙いなのかな。かっこ良く、スタイリッシュになりすぎない為の演出指導なのかもしれない。
なんかオタクすぎず、かっこつけすぎずで、とてもちょうど良かったかもしれない。
本当にあくまでコメディとして見るならです。そう見れれば良い映画です。電車好きならなおさらで。

なんかこれを機に、鉄道マニアを目指してしまってもいいかな。。なんてことを少し思ってしまった。
たぶん素質はあるんだよな。乗り物好きだし。とりあえず今ぼくはなによりも京急に乗りたいです。

te1029.jpg

The End_1029 浜金谷 / Nikon D610

「THE END PHOTO」「PHOTO ARCHIVE」「Trinograph. INTERIOR」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/1497-5eb3bc9c
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)