FC2ブログ
イニシエーション・モルモット
d0227661_21124473.jpg

「ソフィア・コッポラ / ロスト・イン・トランスレーション」

早稲田松竹の二本立て、今年はこの映画館に何回来たかな。あと何回来れるかな。

ハリウッドスターのボブ・ハリスはCMの撮影のため東京に滞在していた。彼は英語の通じない異国でひとり孤独を感じていた。そして彼と同じホテルに泊まっているシャーロットは、カメラマンの夫の付き添いで東京にやって来ていた。彼女も言葉や環境に馴染まず、仕事優先でほったらかしの夫もあり、憂鬱な滞在になっていた。彼ら二人はホテルのバーで出会い、お互いがこの滞在における、唯一安心感を抱ける存在として意気投合した。

S・コッポラの作品は、基本みんな経済的に裕福な人たちで構成されている気がする。
「somewhere」もそうだし、みてないけど「THE BLING RING」もきっとそうだ。
この物語も「ハリウッドスター」と「売れっ子カメラマンの妻」という、とりあえず日々の暮らしに不自由のない二人。
やっぱりF・コッポラの娘というのが関係するのかな「somewhere」はもろに有名な父を持つ娘の話だし。

スカーレット・ヨハンソンが嫌いといっておきながら、ここまで続くと逆に好きなんじゃないかと思う。
次に書く「her」も声だけだけど彼女が出てるし。外見はあまり好きじゃないけど、演技はまあ、いい、ような、気がしてきた。
タイトルから想像できるかもしれない。まったく英語が通じない都市に拘束され、孤独を感じる二人の話。
新宿のパークハイアットで撮影されて、歌舞伎町、渋谷、代官山それに京都など、お馴染みの町並みが多く出てきた。

海外の人の日本の文化のイメージ。キル・ビル的なエンタメ感ではなく、あくまでも文化的なイメージ。
言葉が通じない異国の地で、時間的なゆとりもあるが為の疎外感や孤独感がひしひしと感じられる。
そんな時だからこそ冷静に普段の自分や、自分が欲しているもの、そして人生を俯瞰でみられるのかな。。
この物語、文化の違いや言葉の壁、そして孤独のありかたを表現してる。だから東京がどうとかは関係ないかもしれん。

外国の文化に対するステレオタイプなイメージは、自分でも気付かずにもってしまうものだと思う。
それが楽しめればいいんだけど、そうでない人もいるし、多いと思う。
ビル・マーレーと、スカーレット・ヨンハンソンの距離感がすごく良かったです。
二人がホテルの部屋で一緒に見る番組が、F・フェリーニの甘い生活だった。どういう意味なんだろ。

日本の俳優やタレントもちょいちょい出てきて楽しめます。藤原ヒロシもHIROMIXも!

te1023.jpg

The End_1022 碑文谷公園 / NIkon F3

「THE END PHOTO」「PHOTO ARCHIVE」「Trinograph. INTERIOR」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/1490-ec8c0248
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)