FC2ブログ
登場人物の真似を
personaqqq.jpg

「ペルソナQ」

「新・女神転生4」の次にやった。本当に今年はアトラスゲーばかり。
ペルソナ3と4もやって、どちらもどっぷりハマった僕だったんだけど、そんな中。
ペルソナ3と4のキャラ全員が揃うなんて言われたら、絵がかわいい系でもやるしかない。
結果的にはこちらもどっぷりはまりました。本当に好きみたい、僕。

田舎町八十稲羽にある八十神高校では、文化祭が行われていた。その最終日、突然鐘の音が聴こえてきた。ペルソナ使いたちは、それをきっかけに異世界へと呼び寄せられてしまう。八十神高校そっくりの学校と、突如現れた不気味な時計塔。そして校内で出会った記憶を奪われた少年と少女。鐘の音が鳴り響く中、ペルソナ使いたちは力を合わせ戦いに向かう。

ペルソナ3と4のスピンオフ作品なので、物語の設定上無理があっても気にしない。
最終的には記憶が無くなる的なものだろ?と思って気軽にやっていた。
割り切れば、素直にみんな揃ってオリジナルの空気感も出てて、キャラごとの掛け合いも健在で
なんかシンプルに楽しかった。これはファンの人限定の感想かもしれないけど。

フィールドシステムは「世界樹の迷宮」がベースになってるというのを聞き、僕は世界樹未体験なので
少し調べてみた。体験版もあったのでやってみた。感想は「なんか面倒くさそう」だった。
地図を描くというのがとても面倒くさそうみ見えた。でもペルソナキャラが揃うなら大丈夫かな。
どうなんだろ。と、どこか腰が重い所があったのは覚えている。

けど、いざやってみると、その地図描きに異常な中毒性があって、やめどころが非常に難しかった。
それに加えペルソナキャラと、バトルシステムが相まって。これはもう文句の言い様がない。
持ち物が60個まで。という設定だけは納得いかなかったかも。その都度帰還するのが面倒だった。
でもアトラスゲーの理不尽な敵の急襲→全滅という「事故」を防いでくれてるのかと考えれば。まあ。

物語は「生きる」的なもの。いわゆる僕の大好物です。
ベタっちゃあベタで、途中でなんとなくオチが想像できてしまったけど、エンディングはとても良かった。
なんか、善と玲という新キャラ2人の関係がよかった。いってしまうと、僕は少し涙ぐんでしまった。
最後、ペル3チームとペル4チームがお別れするシーンも、超ベタで超想像通りだけど、僕は少し泣いた。

ペルソナイヤー満喫しましたがペルソナ5は来年になったし、少しアトラスから外れようと思います。

te993.jpg

The Emd_993 葉山 / NIkon F3

「THE END PHOTO」「PHOTO ARCHIVE」「Trinograph. INTERIOR」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/1459-eeeba67b
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)