FC2ブログ
網膜の終わり
IMG_6987.jpg

「桐野夏生 / 柔らかな頬(下)」

上巻おわってすぐ下巻を読破。あらすじは上巻のコピペです。
そして感想も、下巻のものなので、ネタバレしてしまいます。なので未読の人はお気を付け!

カスミは、高校卒業後に家族と故郷の北海道を捨てた。しかし皮肉にもその北海道である事件が起こる。カスミは夫の友人である石山に誘われ石山の別荘を訪れた。朝の散歩の途中、少しだけ目を離した隙に娘がいなくなった。事故か、誘拐事件か、まったく情報もない状態で警察による山狩りが始まるが、娘は見つからず失踪事件として捜査が始まる。カスミは一人罪悪感を抱き、自分を責めていた。それは、カスミと石山は密かに逢い引きを重ねていて、その別荘でも関係をもっていたことによる感情だった。その後カスミは、失踪から4年たち、事件の捜査が打ち切られても一人娘を探し続けた。元刑事の内海も加わり、事件の関係者を訪ね歩く。真実というゴールははたしてあるのか。直木賞受賞作。

所々、現実なのか夢なのか分からない部分があって混乱した。ミステリー小説とは種類の違うビックリ。
「子どもの失踪」という大きな問題があるため、ミステリー臭は最初から植え付けられていたけど、
この小説はミステリーじゃないや。ロードムービーの方が近いかも。自分を探す旅っぽい、漂流小説。
子どもを探す旅ではなく、自分を探す旅。というところが肝です。とても。

カスミは自分のせいで娘が失踪したと自分を責める。でもその事件で壊れたのはカスミだけではなく
夫や、その家族や、不倫相手とその家族。いろんな関係が崩れた。確かに全てぶち壊れてた。
でも、きっかけはそうだったかもしれないけど、関係が壊れたのも事件もカスミのせいではない。
カスミも廻りもそれを知っていたけど、事件のことや娘のことを忘れない為に自分を責めたんだろう。

そうでもしないと風化していってしまう自分の気持ちにも、世間にも納得がいかなかったんだと思う。
自分を許すことって、とても大変なことなんでしょう。都合良く事実を解釈する自分に嫌気がさしてしまいそう。
この心の動きは、小説の中のカスミの行動で痛いほど伝わってくる。そのへんの文章力はもうずんずんくる。
上巻の時にも書いたけど、こうゆう長い物語をぶれずにしっかり最後まで持って行く横綱相撲感がある。

事件の真相が書かれてると思ってドキドキしてると、夢だったりして肩透かしをくらう。それが話を複雑化してる。
だから、この小説はもう一度読んで、文章の深い意図を拾いながら読んだらまた違う印象を得るのかも知れない。
でもこれは再読しようとは思わないな。。最後は、とてももやっとした気分で終わったけど、だからこそ考えてしまった。
答えのない問いを考える自分。それだけで良い小説だったのかもしれない。と思ったら直木賞もうなずけてしまう。

te988.jpg

The End_988 立川 / Pentax 645

「THE END PHOTO」「PHOTO ARCHIVE」「Trinograph. INTERIOR」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/1454-5829cf28
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)