FC2ブログ
低気圧の到来
d0095972_13182671.jpg

「ミスト」

スティーブン・キング原作。昔予告をみて、なんとなくみたいと思っていた作品。と思っていたんだ。

嵐が町を襲った。湖のほとりに住むデヴィッドは妻と息子と地下室に避難した。翌日、嘘のように嵐は過ぎ去っていたが、自宅の一階を半壊させていた。デヴィッドは息子を連れて近所のスーパーマーケットに買い出しに行くが、同時に大量の霧が発生し町を包もうとしていた。マーケットには生活用品を買いに来た町民であふれていた。外ではなぜか軍人が行き来し、軍事車両がサイレンを鳴らして疾走していた。デヴィッドはあまり気にとめてなかったが、店内に鼻血をだした男が駆け込んでくる「霧の中になにかがいる!」と叫びながら。

たぶん僕は勘違いをしていたんだろう。こんな映画僕がみたいと思うわけがない。
もっとこう、謎の霧につつまれた村がなんだかわからないものに恐怖し、集団ヒステリックにおちいるような。
人間のメンタル面の弱さとかを表現した物語かと思っていた。絶対なにか他の映画と間違ってたんだ。
だって、もろエイリアン的なビジュアルのモンスター出てくるし!血いっぱいでるし、グロいし!

そろそろ浸透してきてるはずですが、僕はホラー映画が嫌いだ。大嫌いだ。
怖かったりビックリするのが楽しいじゃない、という人もいるけど、まったく理解できない。
物語に関係なく、あのビックリさせてなんぼな感じが嫌なんだ。まったくナンセンスだ。
単純に怖いからなんだけど。エイリアン的なのも、なにがいいんだか全く分からん。

それでも一度みはじめた映画は最後までみる。という自分ルールから頑張って最後までみました。
怖かったー。血ドバドバでてたわ。二度とみたくない。けど、怖いところはおいといて、それなりに面白い描写もあった。
マーケット内に閉じ込められた時の人々は争い、意見も分かれ対立する。原因はどこにでもある日常的なもの。
外面良く、穏やかに生きている人でも醜い気持ちが奥底に隠れていて、極限状態になるとどんどん表に出てくる、本心が。

人間って腹黒いわー。自分さえ良ければいいんだろうなー。血いっぱい出てるなー。という感想。
ラストは衝撃的というか、賛否両論あるんだろうけど、虚脱感でいえば結構上位にランクインするかもしれない。
僕みたいに怖いのとか血とかダメじゃなければ、面白い映画なのかもしれないです。
僕は絶対にもうみないけどね!怖いからね!

te973.jpg

The End_973 古市場 / Nikon F3

「THE END PHOTO」「PHOTO ARCHIVE」「Trinograph. INTERIOR」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/1439-2e54461a
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)