FC2ブログ
安酒の汚点
fewfaiouehfq3rhof.jpg

「GRAVITY DAZE」

ペルソナ3の後にリハビリ的な感じでやってた。
結構な評価をされてる作品で、高額でもないからじゃあやってみっぺ。的な軽い感じで。
レビューはそろって高評価なんだけど「物語がまったく終結せずに終わってしまう」的なことを皆いってた。
それなのに高評価ってどないやねん、という訳でとりあえずやってみた。

巨大な円柱の周囲を取り囲むように築かれた空中都市ヘキサヴィル。この歳は謎の「重力嵐」によって壊滅の危機に瀕していた。記憶を失った少女キトゥンは、みたこともない町で目を覚まし、不思議な黒猫と出会う。その頃、重力嵐と共に現れた謎の怪物ネヴィが街を襲っていた。キトゥンは黒猫より授かった力を使い、重力姫として街の人々を守る使命を授かる。そしてもう一人の重力使いクロウや、世界の創造主などと関係を持ちながら成長し、街や自分の存在をとりまく謎の核心に迫る。

結果的にはすごく良作だと思います。グラフィックもアクションも、世界観も好きな感じでした。
特に世界観。ベルヴィルランデブーのような世界は完全にツボでした。フランスコミック的な表現も。
そしてアクション。成長前はいろいろと規制があってイライラする。だけど物語が進むにつれて軽快になる。
もう気持ちがいいほどに軽快になる!それはとても爽快な感じでした。

PSVitaの機能をすごく使ってて、操作はすごく新鮮。でもジャイロ機能だけなんともうまくない。
特に戦闘の時のジャイロ機能は本当にイライラした。寝っ転がってプレイすること自体が無理なので、わりと嫌になる。
そもそもなぜそのジャイロ機能がオフれないのかが疑問でした。好きな人だけ使えるでいいんじゃなかったのか?
それ以外は動作は軽快で、効果音も無双感もとてもいいです。

そして問題の物語性だけど、これがもう気持ちがいいほどの「未完」そして急な終わり方。
何かわかんないけど不思議な所で目が覚めて、なんやかんやバタバタと物語は進み、謎は深まり。
やんややんやと色んな所に行き、敵だと思ってた人が急に仲間になり、なんか急に悪者が出てきたりいなくなったり。
急にでかいのが出てきたなと思ったら、なんかもうおしまい。と全てが急な感じでした。

広げた風呂敷はまったくたたまれなかった。という訳です。
でももし続編が出たらやるなあ。と思うということは、悪くない作品だったんだと思う。
グラフィックもいいし、登場人物もみな魅力的です。
主人公のキトゥンも、創造主のじいさんも雰囲気はすべていい。という訳で続編に期待です。

te936.jpg

The End_936 南千住 / Nikon F3

「THE END PHOTO」「PHOTO ARCHIVE」「Trinograph. INTERIOR」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/1400-a4ca50de
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)