FC2ブログ
ドット戦争
bgdaiodjew.jpg

「道尾秀介 / 向日葵の咲かない夏」

初めて読んだ作家さん「カラスの親指」というのが映画化されたたのは知ってた。
何で買ったかわからんけど、本棚あたためてた小説シリーズ。

夏休みを迎える終業式の日。担任の先生に頼まれて小学生のミチオは欠席したクラスメイト、Sの家を訪ねた。呼び鈴を押しても誰も出てこない家の中に入ると、居間でS君は首を吊って死んでいた。びっくりしたミチオは大人よびにいくが、戻ってきたときにはその死体は忽然と消えていた。不可解な事件として捜査が始まったが、一週間後ミチオの前にS君が現れた。それはミチオの知っているS君とは全然違っていた。

わりと面白かったけど、少し物語が突拍子なさすぎてあんまり感情移入できなかったかも。
小学生のミチオがやたら大人びた小学生なんだけど、それ以上にミチオの妹のミカがすごい。
設定は3歳とかの子どもなんだけど、喋るセリフがすごく大人。僕の甥っ子と同い歳の子どもがこんな事言うかな?
という疑問が募るばかりでしたが、それも伏線だという事がわかり納得。

いわゆるどんでん返し系とは違うけど、ネタバレした時に戻って読み返しちゃう系でした。
、、でもちょっと無理があるな。というか感想を一言で言ってしまうと。。
「こんなんなんでもありじゃん!」です。ぜひ読んでみて感想お聞かせ下さい。
しかしラストの引っかけは物語すべてを巻き込む壮絶なものでした。僕は引っかからなかったけどね!

あとは、、物語に関係あるようで関係なさそうな異常者たちが多数でてくるけど
あれもひっかけ問題だったのかな。。だとしたら少しずるいかも。。
どんでん返しや、びっくり今までの話全部逆!?的なものが好きな人にはおすすめな小説家もしれません。
僕は。。たまにでいいかな!

te928.jpg

The End_928 丸子橋 / Nikon F3

「THE END PHOTO」「PHOTO ARCHIVE」「Trinograph. INTERIOR」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/1392-35209950
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)