FC2ブログ
ソビエト連邦製のオートバイ
2013-06-GTA-5-Wallpaper-Free-Download.jpg

「Grand Theft Auto V」

動画みたり、フジ暴と話してたり、オープンワールド的な魅力もあって。
ジワジワと熱が上がり、今更ですがGTA初体験してみました。
昔から噂は聞いていたけど、なにか縁がなくプレイすることはなかった。
なんでだろ。特に理由はない。

えーと、ごめんなさい。僕はこのゲーム、まったく向いてませんでした。
まず根本的なことで、それ言ったら。。となるけど、暴力めいててダメでした。
人をバンバン撃ち殺すのが正直不快。しかも少しゲームを進めるうちに慣れてきてる自分がいた。
それは街中の移動でも同じで、車を盗み最初は静かに走ってるけど、段々運転が荒くなる。

エスカレートしてくと心の中で「どけ、クソ野郎」と自然に思ってる自分がいた。人格が粗くなる、怖い話だ。
さすがCERO-Z指定、子どもがやったら本当にまずいわ。それに加えてリアルすぎるCGとオープンワールド。
現実との境界は薄くなる→現実でも同じことを→犯罪臭。って流れが冗談じゃなく想像できた。危険なゲームだ。
だけどそれを否定してる訳ではなく、ちゃんと分別できる人がやるには素晴らしく完成度の高いゲームだと思う。

だけど僕はダメだった。なぜか。まず物語に牽引力がないこと。本編意外にミッションが多い。多すぎる。
そっちばっかりやってると本編の流れを忘れてしまう。向かう先が分からなくなり億劫になる。
そしてオープンワールドの自由度。僕にはある程度の制限があえる世界の方が向いているらしい。
この中で自由に遊んでください!といわれても困ってしまう。そして僕にはそこまでヒマな時間はないみたい。

そして一番はやはり先に書いた暴力性。好きな人は好きなんだろうけどな、僕はダメでした。
「こんなに無茶苦茶なことしました!」的な動画がいっぱいあるけど。だからなんだと冷静にみてしまう。
心が動かないのだ。それは暴力性だけではなく、飛行機ぶんどって大空を飛んだり、バイクで疾走したり。
リアルすぎて、現実よりも劇的な風景の中そうゆうことができる気持ちよさは分かる。実際やってみたし。

だけどそれって意味あるの?って思うのだ。それいったらゲーム自体に意味なんてない。といわれそうですが。
なんか虚しく思えてしまうのです。それはゲームじゃなくて現実で気持ちいい事探そうよ!と思うのだ。
いつもいうけど僕の中で重要なのは物語性で、小説読むのとゲームをするのは同じことだと思ってる。
ミッションに浮気して物語を進めなかった僕のせいかもしれないけど、この物語にはあまり引き込まれなかった。

結局数時間のプレイで売却に至る事になってしまったんだけど、5500円で買って4000円で売れた。
1500円で経験できたなら良かったかな。今でもその価格を維持してるという事はやっぱり良ゲーなんだろう。
しかしPS3でこのグラフィック。正直PS4になったらどんなことになってしまうのか。想像すると恐ろしい。
いずれは買うことになると思う。でもやっぱり僕の中ではグラフィックよりも、物語性。これは変わらない。

te921.jpg

The End_921 三河島 / NIkon F3

「THE END PHOTO」「PHOTO ARCHIVE」「Trinograph. INTERIOR」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/1385-7cf81ba4
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)