FC2ブログ
モントーク岬の夢
IMG_6095.jpg

「奥田英朗 / 邪魔(上)」

前に「最悪」というこの人の本を読んですごく面白かった。そん時にいろいろ掘って買っといた作品。
なんとなく今まで手に取らなかったんですが「永遠の仔」以来「新世界より」など長い物語を読むテンションになってる。
この本はべらぼうに長いものではないけど、一応上下巻あるのでこのテンションのうちにと読み出した。
長い物語。良いんです。そういうテンションの時って割とあって。そうゆう自分は嫌いじゃないです。

東京郊外に住む34歳の主婦、恭子はサラリーマンの夫と子どもたちと、平凡だが幸せな生活を送っていた。しかしある日夫の勤務先で起こった放火事件から、彼女の安定した幸福は揺らぎ始める。「放火した犯人はもしかしたら夫ではないのか?」そう思い込みだす彼女はパート先のスーパーにまで不満を持ち出す。そしてある女性活動家に声をかけられる、、、。そしてもう一人、36歳刑事の九野は7年前に妻を事故で亡くし、それ以来不眠症になっていた。自分と同じく、夫にも娘にも先だたれ、ひとり孤独に生きる義母を、ある意味心の支えにし職務に没頭していた。しかし放火事件の調査をしていくうちに恭子の夫を疑いだす事になり。。

これね、前半の100Pがすごくだるかった。全然進まなかった。
登場人物が多いくせにそれぞれが個性的なキャラで。。細かい設定の説明が割と長く続くので多少嫌になる。
だけど、その山を越えればもう一直線に滑り降りていくように、もうページが進む進む。
なかでも九野刑事の心の闇については、感情移入しすぎて人ごとじゃないような気さえしてきた。

こう見えて刑事物って苦手な分野だったりする。それでも最近は前より読むようになったかな。
この小説も前半は刑事小説感も結構あって嫌になったのかもしれないな。。
刑事コロンボとかフレンチコネクション的なのは大丈夫だけど、誉田 哲也とか島田荘司とかになるともう駄目。
なんでだかわからないけど昔からそうみたい。夕方のドラマの再放送で刑事貴族とかやってるのすごく嫌だった。

中盤からは主婦のテンパリ具合に心から心配になる。そんな臨場感。
そういえば「最悪」の時もそうだった。パニクって冷静な判断ができない登場人物の言動にヒヤヒヤもした。
今回もそんな感じでした。焦ってパニクってる中年の女性がありありと表現されてて、しかもそれが痛々しくて。。
九野のメンタル表現もなかなかのツボでした。この小説、下巻ももう読み終わってるけど、面白かった。それはまた。

te893.jpg

The End_893 渋谷 / Nikon F3

「THE END PHOTO」「PHOTO ARCHIVE」「Trinograph. INTERIOR」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/1357-619446ff
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)