FC2ブログ
不良少年バロウズの巻
BlowOut7-1.jpg

「BROW OUT」

1981年公開のジョン・トラボルタ主演作品。
ミケランジェロ・アントニオーニの「BLOW UP」にインスパイアされた作品だそうだ。
それがなんで邦題でミッドナイトクロスになるのかはよく分からん。
ちなみに僕はジョン・トラボルタの映画はほとんどみたことないけど、彼の良さが分かった気がする。

ジャックはB級ホラー映画の音響効果お専門家。新作の映画に使われる音が見つからず、深夜の公園に収録に行く。あてもなく風の音とかを採取していたジャックだが、その最中に自動車が川に転落する事故を目撃してしまう。彼はいち早く川に飛び込み車中から若い女性を救出する。同乗者にはもう一人男性がいたが、手遅れでやむなく車中に残すことになる。その男性は次期大統領の有力候補だった。。なぜ若い女性を一緒に車に乗っていたのか。そしてジャックの収録したテープにはパンクの前に銃声のような音が入っていた。。

いやあ、あらすじ聞いただけでおもしろそう。そしてすごく面白かった。
なんか横溝正史のアメリカ版みたいな感じがしてすごく良かった。
特に後半の物語の動き方。古典といえば古典かもしれんが普通にハラハラしたよ。
そして終わり方も、、。もう、ね。見てみてください。背中が物語るトラボルタ。好きだ。

そしてそして大好きな「BLOW UP」との共通点がちょいちょい出ててファンとしては楽しめる。
BLOW UPは「公園で取った写真に死体が写り込んでいて、、」で、こちらは「映像と音をくっつけると、、」的な。
写真が映像に変わり、そこに写っている真実。。的な。BLOW UPほど無茶苦茶な映画ではなく
ちゃんと物語にはなってるのでその辺は大丈夫だと思います(意味深)

見終わった後に考え事してたら、いろいろ解決してないまま終わってしまった部分はあったけど
その辺を細かく突っ込むのはよそう。なんつっても30年以上も前の映画なのだ。
そんな昔の映画であの規模の撮影が出来てるのはすごい気もする。群衆のなかに猛スピードで車で突っ込んだりする。
結果的に急がなきゃいけないのに、気絶してしまうちょっと抜けてるトラボルタ。好きだ。

しかしちょっと前なら「30年も前の映画」はモノクロだったけど、もうカラーなのね。
僕も歳をとったという事か。こないだ宮沢りえがテレビに出てたな。相変わらずかわいいかった。
「50年くらい前に、僕らの七日間戦争という映画があってリハウスの宮沢りえが出てたのよ」
って20年後とかに、孫とかに言ってる僕が想像できる。良い時代だったとか遠くを見ちゃったりするんだろう。

te834.jpg

The End_834 上池台 / Nikon F3

「THE END PHOTO」「PHOTO ARCHIVE」「Trinograph. INTERIOR」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/1294-1184f943
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)