FC2ブログ
ロケットエンジニアの悩み
entry_img_72.jpg

「12人の怒れる男」

1957年の映画。タイトル通り12人の男が怒ってる話。最初から最後まで一室でのシーンが続く密室劇。
ウディ・アレンのおとなのけんかみたいだったな。あれもみんな怒ってたな。

ニューヨークの法廷で殺人事件の裁判が行われていた。被告は18歳の少年で、ナイフで父親を殺した容疑だった。12人の陪審員が選定されていて、評決を求められていた。第一回の評決は11人が有罪。しかし1人だけが無罪を主張した。しかし判決は全員一致のものでなければならなかった。無罪を主張した男は不幸な身の上の少年に同情し、証拠を整理し、検察の主張で不自然な箇所を主張しだす。第二回の評決は10対2になっていた。

これすんごく面白かった。本当にシンプルな映画だけど、じわじわと物事が変化してって
小出し感が気持ち良くて、いつのまにかのめり込んでいっちゃった。
僕もその場所に居て議論に参加しているかのような感覚。傍観者だけど。
論理的な意見の応酬が延々と続くので、感覚で映画を観る人は苦手かもだけど、僕は好きでした。

今年の夏一番の暑さ。そして部屋についてある扇風機は壊れていて、外は雨が降り出し湿度が増す一方。
みんながどこかイライラしてて、早くこの問題を片づけて早く帰りたそうな雰囲気。投げやりな感じ。
だけど無罪を主張した一人の男によって議論が始まる。もしこの男が居なかったら。。と思うと。ね。
現在、日本でも裁判員制度はあるわけで決して人ごとではない話。人が人を裁く責任を考えさせられる映画でした。

しかし被告の無罪と有罪(=即死刑)ってのを陪審員10名に委ねるって本当なの?
そうゆう意味で少しリアリティに欠ける部分もあったけど、半世紀以上むかしの映画って事でカバーできる範囲です。
リメイクしてるらしいのでそっちも観てみたいのと、三谷幸喜が「12人の優しい日本人」というのを撮ってるらしいので
そっちも観てみたい。それじゃなくとも最近邦画熱がジワジワと来てるので!

te806.jpg

The End_806 天満天神社 / pentax 645

「THE END WEB STORE」 いろいろ売ってます

「THE END PHOTO」「PHOTO ARCHIVE」「Trinograph. INTERIOR」「Facebook」
■■■ | Comment : 2 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment

トリノ

2013/09/01 19:12 ・・・EDIT

  最後のちりぢり感が男臭くて良いよね。
ひと仕事終えた感じで、雨もあがり。
ロシア版リメイクもあったけど、どうなんだろう。
少し腰が重い。。

kpita

2013/09/01 19:07 ・・・EDIT

  俺も好き。たぶん、男の人が感情移入しやすい映画だと思う。論理的でグイグイと攻める感じ。心のどっかに爽快感を感じるね。表面的なストーリー以外の本能的な部分を刺激する映画。


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/1265-8e2fd1be
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)