FC2ブログ
魂を抜きとりましょう
magnoliaa.jpg

「マグノリア」

難解な映画だとは聞いていた。長いとも聞いていた。
といっても3時間は特に気にせず観れる範囲なので大丈夫。
内容も、ハードルあげて観たからかそんな難解には感じなかった。
物語が断片的だから集中してないとヒントを逃して、ピースとピースがくっつかない感じかも。

ロスの郊外に住む人々の24時間を描いた物語。全員が気付かないうちに関わりを持っているという話。死の床に伏せた男と、その若妻。そしてその男を献身的に介護する青年。女性の口説き方をレクチャーする男や、TVの名司会者、そして仕事一筋、大まじめな警察官と、天才少年。などなど、個性豊かな登場人物が、みんな少しずつ絡み、影響を受け合う。そのなかで皆の心の奥にある「本心」みたいな物がだんだんあらわになってくる。

パルプフィクションみたいな、異なった物語を組み合わせ、最後ファ−!的なあれです。
伊坂幸太郎のフィッシュストーリー的か。伊坂幸太郎は苦手だけど、あれは映画としては好きだった。
しかしレビューみると批判の多いこと!星一個も付けない人がゴロゴロと居る。
確かに分かりにくい映画だし、長いし、大衆向けではないけど、そこまでかなあ。。

中でもラストの表現は本当に本当に賛否両論だった。意味がわからん、と皆言ってた。
ちなみに僕は知人にその事を前もって聞かされていた。だからか分からないけど、意外と納得派です。
いちばーん最初に伏線張ってたよ。すごくわかりずらいかもだけど。。一番最初の映像が全てです。たぶん。
あんまり言えないけど、ね。みてみて欲しいけど、こんだけ批判が多いとあまりそうもいかない。

ひとつだけ言っちゃうと、どしゃぶりの雨をアメリカ南部の方言で言うと
「it's rains bullfrogs(ウシガエル)」というらしい。
村上春樹っぽい映画だと思ったのは僕だけかな?
観たことある人、ぜひ話しましょう!

te711.jpg

The End_711 荏原 / Nikon F3 「Trinograph.」「tumblr」「THE END」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/1157-48e70535
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)