FC2ブログ
からくり野郎来襲
super888.jpg

「SUPER 8」

つまらん映画、観て損した映画。とみんなに批判されてた印象が多い。
だけどさ、ETとスタンド・バイ・ミーとグーニーズとエイリアンが混ざったような映画。と言われたら興味もでるわ。
そんでもって観てみたけど、そんなにクソつまらなくはないじゃない。という感想でした。
ちゃんとETもスタンド・バイ・ミーもグーニーズもエイリアンも入ってた。あとランボーも入ってた(笑)少しだけね。

1979年夏。オハイオに住む少年ジョーは、友達と8mmフィルムの映画を作っていた。ある晩、友達5人で家を抜け出し夜の撮影に向かう。その撮影中に大きな列車事故に遭遇し彼らはカメラを置いて逃げてしまう。その列車は米軍のものでエリア51から極秘の「なにか」を運んでいる所だった。そしてカメラはその「なにか」を偶然撮影してしまった。その日から彼らの住む街では不可解な事ばかりが起こるようになる。

前半すごくワクワクしてる自分がいた。それこそグーニーズを観る前のワクワク感に似た感じ。
でも中盤以降すごくだるくなる。なんでだろう、、盛り上がり要素がまったくないからかな。
映画製作、冒険、初恋、敵討伐、親子の絆、いろいろあるけど全部が浅い感じだし、なにも解決しない。
そもそも問題定義も無い。だから最終的にどうなったのかまったくわからん。

彼らの街でアメリカ軍は急に戦闘を始める。そのシーンは映像的にはすごいんだが、なんで戦ってるのかがよく分からん。
その戦場に子どもだけで忍び込むんだが、どこになにがあるのか、そもそもなにを探しに行ってるのかもよく分からん。
こないだのテリー・ギリアムの話はこの事を言ってるんだなと、なんか納得しちゃった。映像は、すごいんだよ。
子どもたちもいまいち影が薄い。グーニーズみたいな発明家や大食いとか、ない。最後まで知らん奴が一人いたくらい。

中学生が親の車を無断で持ち出して撮影に行く。そこまでして行った撮影場所に次の日チャリで行ってまた撮影。
最初からチャリでいけばいいのに。。しかも事故で車ズタズタだったのに次の日キレイに復活してる。
細かい突っ込みだけどなんか気になる。そうゆう所いっぱいあったよ。エリア51の説明なんてまったくないし。
説明不足というか、詰め込みすぎてそんな時間なかったのかな。。エル・ファニングはやっぱりかわいい。

te699.jpg

The End_699 反町 / Nikon F3 「Trinograph.」「tumblr」「THE END」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/1145-cf4a4d54
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)