FC2ブログ
草っぱらのまんなか辺りで
sp_main.jpg

「贖罪」

湊かなえの「告白」は読んだ。映画もみた。映画はものすごく苦手だった。プロモっぽくて。
それ以来いろいろ出てるのは知ってるんだけど、なんかこの人の作品に手が伸びなかった。
お友達の女の子とこの贖罪の話になって、なんか少し心動く所があったのでみてみた。
WOWWOWでのドラマだったのね。前中後編に分かれてた。

15年前、小学生の足立エミリが校内で殺害される。犯行当時彼女の同級生である4人の少女が犯人を目撃していたが、はっきりと顔を思い出せず事件はそのまま迷宮入りしてしまう。エミリの母親麻子はその4人に犯人を見付けるまで許さないと伝える。15年後大きくなった彼女たち4人は、それぞれが当時の事件を背負い込み生きていた。麻子は彼女らの元を訪ね、贖罪を求めると同時に忌まわしい事件の真相に迫っていく。その過程で発覚していく意外な事実と最後に麻子を待っていた運命は。

少しネタバレしています。これから観る人は読まない方が良いかも。

第一話の蒼井優と、第二話の小池栄子のエピソードは面白かった。ハラハラした。第三話は一番わからなかった。
第四話は物語じゃなく、伊藤歩がやっぱり好きという事と池脇千鶴が意外と好きという事に気付いた。
で最終話になるけど、でもこれ、今まで積み上げてきた目撃者4人の話ってあんまり関係ないじゃんね。
一話と最終話みれば、なんか終わりのような気がしてしまった。

結局の所だれも幸せになってないし、だれも贖罪=罪滅ぼし、できていないという、なんとも気持ち悪い話。
殺されたエミリだけ、本当に本当に虚しい死だったと思う。しかもそのエミリも。。ね。
結局贖罪しなきゃなのは麻子の方でしょ?それに気付いて最後の行動を起こすけど受け入れられない=贖罪できない。
という事よね。最後の麻子のセリフも。。うーん、、。という感じかな。

原作は読んでないからわからないけど、脚本のせいなのか、突っ込みどころは満載でした。
もう少し昔なにがあったかを、画にして説明してたらまた違ってたかもしれないなあ。
最終話の手紙の件も、親友の自殺の件も、もうちょい丁寧な方が良かったかな、いまいち感情移入できなかった。
細かいけど、捜査一課の刑事が証拠品や凶器に素手でベタベタ触るところとかも、いちいち気になっちゃった。

しかししかし黒沢清監督の演出?はすごく良かった。光と影の使い方で「気味悪さ」がすごくでてた。
それは反射だったり、コントラストだったり、影の動きだったり、パトカーの赤色灯までもがとにかく気味が悪かった。
浅野忠信とオダギリジョーの「アカルイミライ」でもくらげがすげえライトアップされてて、キレイだった覚えがある。
この人の撮り方すごいツボでした。。それだけでも観る価値あったと思う。

調べてみたらこの監督「スウィートホーム」の監督なんだ。。
伊丹十三とのいざこざはあったみたいだけど、今では黒沢清のクレジットが記載されている。
1989年当時9歳の僕は姉にこの映画を観させられて、死ぬほど恐かった覚えがある。
おしっこ一人で行けなくなったもん。その監督なんだ。なんかうなずける。。

TE620_20121021144302.jpg

The End_621 江ノ島 / Nikon F3 「Trinograph.」「tumblr」「THE END」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/1064-ea8ea5a5
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)