FC2ブログ
華麗なるUターン
昨日の最後の打ち合わせが南加瀬だったので、帰りに夕食だけ食べに行こうと実家に寄った。
頼んでたサンマとビールを堪能したのだ!うまかった!秋最高!
んで普段あんまり見ないTVで「追跡者 ザ・プロファイラー」という番組がやってた。
それがすごく面白くて見入ってしまった。、、ユダヤ迫害が面白いというわけでは決してなく。

その中でヒトラーが首相に就任してすぐの、演説を撮った映像があった。
「英国王のスピーチ」でヒトラーの演説を見た王様が「何言ってるか分からないけど、すごくうまい」という。
僕も今回見てみて、すごくうまいと思った。完全にカリスマだと思った。
なにかの本で読んだけど、ヒトラーのことを「道を誤った天才」と言う人がいた。
あれだけの説得力があり、統率力もある人が、別の道で能力を発揮してたら。。とぼくも思う。



貼り付けた動画はそのプロファイラーの物ではないけど、おなじ演説と、同じような解説が入っている。
興味あればぜひ見てみてください。
昨日の番組ではアウシュビッツも写ってて、ユダヤ人の扱いや、殺されかたとかいろいろやってた。
ドイツは行ったことがないけれど、もし行く機会があればぜひ行ってみたい。。

te603.jpg

The End_603 四ッ谷 / Nikon F3 「tumblr」「THE END」「Trinograph.」「Facebook」「Flickr」
■■■ | Comment : 2 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment

とりの

2012/09/29 19:57 ・・・EDIT

  そうそう、もちろん基本的には肯定もできないんだけど、このカリスマ性はすごいんだよね。アウトバーン建設で失業率は大幅に減少するとかさ、政治家としては最高じゃんね。それが行きすぎてユダヤ迫害とかになるんだろうけど、あんな悪行も善為だと思わせた彼はすごいんだと思うんだ。
もちろんもちろん、許されない事だけど。。
前世で関わっていたかも、、笑!

kpita

2012/09/29 19:43 ・・・EDIT

  僕も、ヒットラーの一つの時代について興味があってよくこの手の映画を見てきた気がするよ。なんだろう。本能的にこのひとりの人間に興味があるっていうか、この人の背景にいる「ゲッペルス」っていう演説を担当していた影の重要人物がいてこの人との出会いで覚醒していくヒットラーの神がかった人格形成に心が惹かれてしまうのです。もし、これが2千年前ならこれは一つの宗教として神格化していた気がします。決して、肯定しているわけではなく、憎悪にもにた興味。俺前世で何か関わったいたのかもとか思うときあります。


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/1045-54b9d160
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)