fc2ブログ
ホッピー注意報
R0028272.jpg

「村上春樹 / サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3」

相変わらず面白かったのですぐ読み終わっちゃった。
エッセイという短い世界だと文章のうまさがハッキリするんだなあ。
起承転結がちゃんしてるのかな、流れるような文章でちゃんとオチもあって、さくさく進む。
でも相変わらず感想を言う本ではない。ただ読んでる時間が心地よかっただけ。すんごく良い意味で。
すごくオススメです。

好きだった文章を引用。

当時僕は知識欲にあふれた素直な少年だったのだろう。で、百科事典を読破してそれが何かの役に立ったかというと、とくに立っていないみたいだ。そのとき頭に入れたことは、みんなどこか遠い場所に吸い込まれて消えてしまったから(そういう、知識にとっての象の墓場みたいな場所があるらしい)。きっと人にとって一番大事なのは、知識そのものではなく、知識を得ようとする気持ちと意欲なのでしょうね。そういうものがある限り、僕らはなんとか自分で自分の背中を押すように、前に進んでいくことができる。

うーん、さすがに良いこというなあ。
確かに知識とか記憶って墓場みたいなものがありそうなくらい、僕の中に残ってないかもしれない。
でもたまに、なにかの拍子でポロッと出てくる。それは懐かしさをまとっていたりもしててさ。
そうゆう瞬間があるからこそ、知識を得るということはすごく楽しいことだったりする。
忘れてるようでちゃんと残っている、それは人格形成にもつながるんだろうと思う。

だから僕は友達でも仕事の人でも、恋人でも(そんなひといないけど)本を読む人が大好きだ。
別にそうじゃない人でも好きな人はいっぱいいるけど、もし本好きならいいな、という事。

te568.jpg

The End_568 四谷 / Nikon F3 「tumblr」「THE END」「Trinograph.」「Facebook」「Flickr」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://endscope.blog90.fc2.com/tb.php/1008-a31c491e
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)