FC2ブログ
二階の部屋の水の音
Bluevalentineeeedde.jpg

「BLUE VALENTINE」

「DRIVE」が映画的にはあんまりだったけど、ライアン・ゴズリングは結構好きだった。
それ繋がりで観たこの映画。すごい近いアングルで撮ってるから画面がコロコロ入れ替わる。
それがすごく良くて新鮮だった。そしてすごく綺麗だった。始まって1分で絵に感動した。
素直にあんな写真撮りたいと思ったな、こうゆう時にテンションが上がるのだ。

物語は出会ったばかりのキラキラした時期と、何年後かに結婚し倦怠期を迎えた夫婦の時期が交互に進む。
この映画は大まかなあらすじしかなく、演じた二人の演技はほとんどがアドリブらしい。たまにそうゆうのある。
外見的にミシェル・ウィリアムズは10kgも太り、ライアン・ゴズリングは奇妙なハゲになっている。
いやでもライアン・ゴズリングは男前ね。DRIVEの時は滅多に笑わなかったからかな?そう思わなかったけど。

夫はいくつになっても若い頃と変わらず「愛があればなんとかなる」と思っている(耳が痛い)
男性はいつまでも子どもで、女性はどんどん精神的にも独立していき、現実的になっていく。
ろくに仕事もせず昼間から酒浸りの夫。それでも別れられないのは「情」と言ったらそれまでだけど
昔の素直に愛し合っていた二人の関係があったから。と、子どもの存在があるから。

その当時の愛情が嘘だったと思いたくはない。だけど今の状況に満足している訳ではない。
そしてあるきっかけで堪忍袋の緒が切れた。嫁のたがが外れた。そうなるともう手が付けられないのが女性だ。
いろいろあったが愛しあって結婚してその後うまくいってませんよ、そしてキレました。的なまあシンプルな話。
でもそうゆう日常的な事だからこそ、僕らの心に響くのかも。もしかしたら普遍的な作品とはそうゆう事かもしれない。

こんな事かくと救いがないような映画に聞こえるかもしれないけど、切ないけどどこか心温まる良い映画でした。
ラストの花火がすごく印象的だった。独立記念日の花火は、夫の精神的な独立とかけてたのかも。
、、想像だけどこうゆう夫婦の危機を乗り越える為には「積み重ねてきた物」が必要なんだと思っている。
それが無い僕みたいな人は、結婚=リスクしか想像できなくなる。この映画でその気持ちにも拍車がかかっちゃった。



君はいつも愛する人を傷つける
傷つけてはいけない人を
君はいつも美しいバラを手折り
花びらを散らしてしまう
君はいつも優しい心を打ち砕き
言葉で傷つける
もし僕が
君を傷つけたなら
それは君を
愛しているから
誰よりも

te692.jpg

The End_692 白楽 / Nikon F3 「tumblr」「THE END」「Trinograph.」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
ドーベルマン丼
いまやってる仕事がさ、みんなでワイワイお店作りましょう的なお仕事なの。良い意味でDIYなお店。
何年かに一回くらいでこうゆう仕事がある。それはすごく楽しくて好きなんです。
いつものデザインして、図面描いて、設計監理して的なお仕事ととは別で新鮮なのです。
そんでもって、取り急ぎフジ暴を呼び出して壁を塗ろうという事になったのだ。

普段なら水性の塗料なんだけど、今回の物件は新築でコンクリ打ち放しの壁なのだ。
その場合水性だとアクが出る可能性があるみたいで、油性の方が良いらしいのだ。
塗装やさんがそう言うならそうなんだと、なにも考えずガシガシ塗っていました。
たまにやるとこれがまた楽しくってさ。ワイワイ壁と天井を塗っていた。

最初はなんともなかったんだけど、時間経つにつれてなんかめまいと立ちくらみがしてきた。
最初気のせいかと思ったけど、フジ暴もそんな感じ。現場は窓がほとんどない締め切り空間。
時間が経つにつれ胃がムカムカしてきて、頭痛がして、視界もちらつく。二日酔いのような症状。
午前中終わって昼飯の時間になったけど、まったく食欲が湧かなかった。

それでも今日中に塗らないといけないのと、夕方から工務店と施主もくる予定だったので頑張った。
そして無事に壁はできあがったけれど、そのころには僕もできあがっていた。
工務店が出してくれた墨(床に壁の位置とかを描く)もまったく確認できない。計算もできなければ決断もできない。
施主とデザインの話とかしてたけど、ぶっちゃけ自分でもなに言ってるか分からなかった(ごめんなさい)

そんな酷い状態だったけどなんとか乗り切り(たぶん)家に帰った。
帰りの電車ではもうグロッキーでした。洗足に着いた時はもうヘロヘロだった。
洗足駅前のイタリアンで純に遭遇。ヘロヘロだったでしょ、僕。
やっとこさ家に着き、お風呂ためて、浸かり、歯を磨き、とにかく寝ようとした。

寝て起きれば治ってるさと思っていた。しかしそこからがまた地獄だった。
眠れないのだ。気持ち悪いし、目を明けてるのも億劫なのに眠れないのだ。
体はボロボロなのに頭は冴えてて、完全に覚醒しているのだ。
そうなってくると今度は不安が押し寄せて来た。さっきの現場判断、大丈夫だったかな。。とか。

そもそも何言ったかいまいち覚えてないんだもん、そりゃ不安にもなるわな。
そんな不安だけどなにも行動できない、生殺しな夜を越え明け方にやっと眠れた。しかし起きたら7時半。
全然調子が戻ってない。これには本当に辟易した。でも不安だったのでこのままでは休めもしない、と事務所に向かった。
そして確認作業して、作業が進むうちにやっと安心して来て、他のたまってた仕事して、昨日を終えた。。

その日は本当に丸太のように寝たよ。村上春樹的に言えば、暖かい泥の中に落ちて行った。
本当に大変な2日間でした。塗装やさんに聞いたら体質もあるらしいけど、僕は結構ひどい方だったみたいだ。
そして今日はやっと元に戻り、仕事もバリバリできた。集中するって素晴らしい!
昨日のブログを見た人から連絡を頂いた。なんかご心配かけちゃったみたいなので、この場を借りてご報告まで。

くれぐれも油性には気をつけましょ!

te691.jpg

The End_691 羽根木 / Nikon F3 「tumblr」「THE END」「Trinograph.」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
不安な夜
知ってる人は知ってると思いますが、体調不良のためお休みします。
体調不良というか、なんかラリってしまって気持ち悪いのです。
へんな薬とかじゃ全然なくって、話せばそんなに長くはないけどたいして面白い話でもないので。
集中力と決断力がゼロに近くて、仕事にも支障が出ていますがなんとか乗り切ろうと思います。

te690.jpg

The End_689 渋谷 / Nikon F3 「Trinograph.」「tumblr」「THE END」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲