FC2ブログ
真実は永遠に凍りつく
R0028303.jpg

「岡嶋二人 / そして扉が閉ざされた」

前に読んだ「クラインの壺」がすごく面白かったので、レビューでも好印象だったしで読んでみた。

富豪の若き一人娘が不審な事故で死亡して三カ月、彼女の遊び仲間だった男女四人が遺族の手で地下シェルターに閉じ込められた。四人が死にものぐるいで脱出を試みながら推理した事件の真相と、真犯人とは。

これね、あんまり面白くなかった。ネタバレめいた感じになってしまいますが。。
冒頭から地下シェルターみたいなところに閉じ込められるんだけど、場面はずっとそのシェルター内。
脱出を試みるんだけど最初から最後までシェルター内。展開がなさすぎて飽きてしまった。
たまに事件当時の事を4人で話し合い、矛盾点をつつき合い、討論するくらい。

脱出しようと試行錯誤してるんだろうけど、いささかハラハラ感がない。アドベンチャー感もない。
4人のなかの誰かが嘘をついている!的な空気だったけど、ぶっちゃけ最後の方誰でもいいやって思った。
殺しのトリックや、脱出に関するギミックとかがあればもっと面白かったのかな?
討論系、議論系が好きな人は合ってるかもしれません。僕はダメでした。

te591.jpg

The End_591 古市場 / Nikon F3 「tumblr」「THE END」「Trinograph.」「Facebook」「Flickr」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
一秒を惜しむように
te590.jpg

The End_590 mizuiro / Hasselblad 500CM 「tumblr」「THE END」「Trinograph.」「Facebook」「Flickr」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
バックミラーの残骸
o0560033611503427639.jpg

「スタンリー・キューブリック / ロリータ」

キューブリックなのに観たことなかったので。

フランスからアメリカにやってきた文学者ハンバート・ハンバートは夏を過ごす為の下宿を探していた。ヘイズという未亡人の家で美しい少女を目にしたハンバートは、一目惚れをしてしまいそこを下宿に決める。少女の名はドロレス・ヘイズ、愛称はロリータ。ハンバートはロリータと一緒にいたいがために、ヘイズ婦人の猛烈なアプローチを受け、結婚する事になる。しかしヘイズ婦人は彼の本心を知ってしまい、逆上したうえ事故に遭い死亡する。ハンバートは異常な独占欲と愛欲に狂い、ロリータを連れて旅に出る。。

これね、面白かった。
タイトルだけみると、ロリコン親父の変態映画なのかと思ってたら、そんな事なかった。
ロリコンっちゃあロリコンだけど、彼女の事が好きすぎて嫉妬に狂ったりする様はなんとなくうなずいてしまう。
僕がロリコンくそ野郎という事ではなく、男って少なからずそんなもんだ。少しだけ狂うのだ。
大学教授は異常な程の独占欲や被害妄想から精神が狂う。いい年したオッサンのそんな姿は完全に変態野郎だった。

o0560033611503427980.jpg

ロリータを演じたスー・リオンはさ、もうべらぼうにかわいくて小悪魔的な態度で男心をつかみまくる。
調べてみたら、実生活でも結構な男性遍歴みたい。17歳で結婚してすぐ離婚。二人目の夫とスペインに移住するが、
アメリカ兵と浮気をし、夫を嫉妬に狂わせ、離婚。アメリカに帰ると、殺人罪で服役中の男に一目惚れ。
結婚したが、夫は服役中なので近くのモーテルに住んだらしい。それがスキャンダルになり、干され、女優生命が終わる。
その結婚も破局し、1985年に4度目の結婚をするが、2002年に破局。現在はマスコミから逃れ一人暮らしをしてるそうだ。

なんか完壁だなあ、ここまで一貫してくれてると感動すら覚えます。
たまにでくわす「男の人生を狂わす女」って、そんな感じの人だったのかな。自分の人生も壊れてる気もするけど。

te589.jpg

The End_589 洗足 / Nikon F3 「tumblr」「THE END」「Trinograph.」「Facebook」「Flickr」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲