FC2ブログ
ひとりきりの山荘
R0027998.jpg

「中島らも / 頭の中がカユいんだ」

読んだ事はないんだけどビート・ジェネレーションを代表する作家ウィリアム・バロウズは
ラリって妻とウィリアム・テルごっこをし、妻を「間違い」で射殺してしまう。
そんなバロウズが書いた「麻薬でラリってる時に書いたから覚えてないのでコメントできない」
小説ってのは「裸のランチ」つったっけ?それに憧れた中島らもは、この小説をとにかく泥酔状態でかきあげたらしい。
だとしたらすごい。小説にそんなオプションいらないのかもしれないけど、すごい。
だってちゃんとおもしろいもん。他の作品も泥酔状態じゃない時の方が少なかったのかもしれないけれど。

主人公は家出をした広告代理店務めの男だから、やっぱりモデルはらもさん本人なんだろうな。
途中意味不明(呪文っぽい)な文章や、理解不能な表現は多々あったけど、気にせず読めばおもしろい。
気にして読んじゃうとチンプンカンプンかもしれない。あまり深く考えない。これ重要。
劇中にはたくさんの与太話がでてくる。いわゆるオチのないつまらない話。僕は意外とこれが好き。なのでひとつ。

僕らはウイスキーを引っぱり出して、生のままで飲んだ。そして与太話で三時ころにはヨタヨタになっている。
「満員電車なんだが、一つだけ、ぽっかりあいている席がある」
『フム、、、』
「男が乗ってきてその席を見付け座ろうとする、するとまわりの乗客がいっせいに「アーッ!!」と叫ぶんだ」
『フム、、、』
「男はビックリして立ち上がる。しばらく不審そうにその席を調べている。それからまわりの乗客の顔色をうかがう。
しばらく考えているんだけど、やっぱりもう一度座ろうとする。と、乗客がまた「アーッ!!」と叫ぶのだ」
『フム、、、』
「それが二、三回続く」
『フム』
「、、、、、」
『それで?』
「いや、それだけ、、、」
彼はしばらく黙っていたが、僕の顔を見て
『もう、寝ようか、、』
とつぶやいた。

あまり深く考えない。これ重要。

te424.jpg

The End_424 新代田 / Nikon F3

「THE END」「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
ムクドリと群青色
今日はまとめて告知!

20120207_566401.jpeg

「風景ボーイ」いでたつひろ個展

2012年2月17日(金)~ 2月22日(水) NO.12 GALLERY
たっちゃんの個展。代々木上原と渋谷と下北沢と代々木公園の間にあるギャラリー。
SAKEROCK事務所の下です。僕も行きます、帰りには喜多八に行って酒飲みます!
たっちゃん写真勝手に使ってゴメンね!今年こそ仲良くしてね!

423238_346147492075078_100000394915938_1176320_657533903_n.jpeg

「記憶のなかの祝祭」関田考将(造形作家)小沢利佳(写真、コラージュ)

2012年2月27日(月) Cafe Amar
おなじみの関ちゃんと写真先生リカちゃんの展示会。
二人とも今年になってから会ってないから会いたいぞ!というか倉庫展以来会ってないんじゃないかな。
ついでに吉祥寺の写真も撮りに行きたいなあ。リカちゃんのコラージュ。すごくみたいぞ!


それと、FBでは言ったんですが、それ以外で日デ卒のインテリアデザイン科!校友会に参加してください。
「日本デザイナー学院 校友会」画面右カラムの学校ロゴがある所です。

名簿みるとインテリア科の人が極端に少なくて、先生の面目丸つぶれだそうです。
僕も実際その名簿見たけど、まあインテリアの欄がすっかすかだこと!確かに説得力がでない数字でした(笑)
プライバシーのアレで持ち出せないらしいけど、写真撮って載せたいくらいスッカスカでした!
僕ももちろん参加してます。お願い致しますー。

なんか僕ネズミ講の元締めみたいになってきたな。。

te423.jpg

The End_423 渋谷 / Nikon F3

建築の三浦先生。快く了解頂いたので載せちゃいます。
僕に野口先生とも、阪井先生とも違う価値観を教えてくれた先生だった。
僕の人生は本当に良い先生に恵まれてると思う。良くも悪くも(笑)
元気そうでなによりでした。って去年も会ったか。白メガネ!

「THE END」「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
美しい人間の姿とか
青年は子どもの頃のことを思い出した。あの頃は何も考えなくて良かった。ただそのまんま生きていればよかったんだ。
生きている限り俺は「なにもの」かだった。自然にそうなっていた。でもいつのまにかそうではなくなってしまった。
生きることによって、俺は「なにもの」でもなくなってしまった。

そいつは変な話だよな。人ってのは生きるために生まれてくるんじゃないか。そうだろう?
それなのに、生きれば生きるほど俺は中身を失っていってただの空っぽな人間になっていったみたいだ。
そしてこの先さらに生きれば生きるほど俺はますます空っぽで無価値な人間になっていくのかもしれない。
そいつは間違ったことだ。そんな変な話はない。その流れをどこかで変えることはできるのだろうか?

星野青年  海辺のカフカより

te422.jpg

The End_422 渋谷 / Nikon F3

「THE END」「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
世界の終わり
中島らもが「他人がみた夢の話なんて、退屈に決まっている」と言っていたけど、
すごく、ものすごくリアルな夢だったので書きとめてみた。朝4時に。


暗闇の中うつらうつらしている僕は冷たいシーツの上で眠りと覚醒の間を行ったり来たりしていた。ステレオからは虫の声ほどの小さい音で誰かのポエトリーリーディングが流れている。デビット・シルヴィアンのようなおごそかだけど深い声だ。ブラインドの向こうには明るい夜空と、怖いくらい雄大な雲がごうごうと流れていた。視線を感じてその先にやると、顔が見えない女性が僕を覗きこんでいた。さっきまで別のベッドに寝てたはずなのに。するりと猫のように僕のベッドに滑り込んできた。僕はすぐに彼女を抱き寄せて頬にキスをする。「金メダル取ったよ」と彼女は言う。気付けば暗闇にゴルフ中継のようなテレビの光がうかんでいる。逆光でますます彼女の顔は見えなくなる。「なんの種目?」と僕が尋ねると彼女は「瓦割り鐘つき」と言う。僕はのそりと身体を起こし画面に目をやる。音はでていなかったけれど、表彰式の中継のようだった。完璧なまでに太った白人男性と、その夫人がフラッシュと喝采を浴びていた。僕はその画面よりも、横たわる彼女の背中の方に目が行く。暗闇の中に白い背中が浮かびあがり見とれてしまう、綺麗だなと思う。僕は彼女に尋ねた。「ここが世界の終わりなのかな?」彼女は黙ってタバコを吸っていた。明るい夜空をまた見上げると、真っ赤な月が僕を照らしていた。誰かのポエトリーリーディングはいつのまにか終わっていて、重い静寂が僕らのまわりにまとわりついてきた。


夢だと理解した後しばらくドキドキしてた。
僕は昔みた風景、または光景を探している。もう一度みたいと。この10年ぐらいずっと思っている事。
でもそれがどこなのか、なんなのか分からない。もしかしたらあの場所がそうだったのかもしれない。
それは、以前はもっと身近にあったはずなのに、今の自分からはすごく遠くなってしまったものなんだ。
僕はその風景、または光景をずっと探していくのかもしれない。僕の人生はその風景を探す旅なのだ。

あの女性は誰だったんだろう。知ってるような知らないような。

te421.jpg

The End_421 目黒 / Nikon F3

「THE END」「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
ドグラ・マグラの隠し場所
R0027995.jpg

「スコット・フィッツジェラルド / 冬の夢」

村上春樹が翻訳したやつを読んだ。でもそろそろ翻訳とかエッセイじゃなく新作が読みたい。1Q84、BOOK4。とかさ。
表題作は有名な「グレート・ギャッツビー」を執筆する少し前に書かれたものらしく、設定に少し同じにおいを感じる。
でも冬の夢の方が圧倒的に悲しい話だった。

悲しくて涙がたくさん出る、泣ける。とかそうゆうタイプの悲しみではなくてなんかこう
「ねこそぎ持ってかれる喪失感」なんです。読んだ後自分の中の何かが少し無くなってる感じ。
少しだけ自分が死ぬ、という事。フィリップ・マーロウの言葉を借りれば、だけど。

夢は消えてしまったのだ。何かが彼の内から持ち去られてしまった。
一瞬の混乱におそわれて、彼は両手の手のひらをはっと自分の両目に押し当てた。
~中略~
ああ、それらはもうこの世界には存在しないのだ。
かつては存在した。そして今はもう存在しない。

65Pの短編なのですぐ読めます。興味あればぜひ、名作です。
「メイデー」は中編とよべるくらいの読み応えあり。

te420.jpg

The End_420 渋谷 / Hasselblad 500CM

「THE END」「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
妙にリアルな夢
時が癒やせる痛みは、ほろ苦い思い出になるらしい。
そして思い出がたくさんある人生は「素敵な人生」らしい。

te419.jpg

The End_419 新代田 / Nikon F3

「THE END」「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
シーツのヒダ
akarin_aa.jpg

藤田明歌里その1 / Hasselblad 500CM

藤田さんと愛ちゃんの赤ちゃんを見に行って来た、で写真を撮ってきた。
寝てればいいんだけど起きてるときの赤ちゃん、ギャンギャン動くので撮影は大変でした。
やっぱこうゆう時の写真はデジタルに限るな。。ちょっと弱気になっちゃう。
デジカメ、コンデジ1台しか持ってないけどねー!

結果オーライな事だし、了解も得てるのでちょっとだけ。

彼女は結婚後、子どもが欲しくてしょうがなかったんだけど、出来なかった。
いろいろいろいろやってみたけど、出来なかった。それで自暴自棄になったこともあるみたい。
旦那さんの赴任先が東京になったため、大阪から出てきた愛ちゃん。環境の変化もあったのかな。
子ども出来なくても自分の人生を楽しむ道を探し始めた。そんな時に妊娠が発覚した。

それでもその出産はいろいろリスキーで、最初はもう不安を煽るような問題のオンパレードだったよね。
帝王切開前提の出産だとか、どうなってもおかしくないから絶対安静とかさ。男の僕には分からない単語ばかり。
それが出産が近づくにつれて、逆子が治り、いつのまにか自然分娩で産むという事になり。
そんで去年のクリスマスに産まれてきたんだ。

akarin_bb.jpg

藤田明歌里その2 / Hasselblad 500CM

なんか考えてみると大変だったみたいだけど、結果的には最高だったね。本当に良かった。
これから違う意味でいっぱい大変だろうと思います、実家がないこっちでの子育て。
なにか不便なことがあれば言ってください。ご近所なのでね。
明歌里ちゃんがでっかくなったら客観的に、きみはこう産まれてきたんだ、と語ってやろう。

藤田さん、愛ちゃん。心からおめでとう。

te418.jpg

The End_418 武蔵小山 / Nikon F3

「THE END」「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
戦後のニューヨーク
IMG_2497.jpg

Facebookには書いてしまったので既出ネタになっちまいますが。
日デの同級生ナガトモケンジからプレゼントもらっちまったぜ。
なんで手に入れたか分かんないけど、フォトフレームにアクリルと背板入れて送ってくれた。
ありがとう!しかもスクウェア画角なのでハッセルの写真にぴったりでした。ありがとう!

うちの事務所のターンテーブル台とレコード棚も彼に作って貰った。なにからなにまでいろいろありがとうね。
今年はとりあえず祐天寺の物件から、お願いする事になるみたいです。よろしくね。

クライアントと僕らデザイナーとアーティストで、うまい関係のトライアングルが作れるように
今年も頑張ります。ぼく、言い出しっぺになります!楽しみましょう!

417.jpg

The End_417 / 六郷土手

「THE END」「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
色合いと素材
R0027989.jpg

「ジョン・クラカワー / 荒野へ」

ショーン・ペン監督作品「into the wild」の原作。ショーン・ペンが好きで映画を観てさ。
原作も買ってたんだけど、お得意の本棚暖め隊になってた。。
読んでみたら面白かったな。ジョン・クラカワーって初めて読んだけど、読みやすくて良い感じだった。

裕福な家庭で育った青年クリストファーは、全てを捨てアラスカに向かう旅に出る。
しかし4か月後、捨てられたバスの中で死んでいた。なぜ彼はひとりきりで死んでいったのか。
なぜアラスカだったのか。綿密な取材をもとに心の軌跡を辿るノンフィクション。

たぶん共感するのは男子だけじゃないと思うんだけど、10代後半から20代。
決められたレールの人生に納得いかず、自分探しの名のもとに、旅に出るのは誰にでもあることだと思います。
僕は今でもしてるけど、、つってもここ2年くらいひとり旅してない
去年は行こうと思ってたら地震きちゃったからな。久しぶりに行きたい。
ちょっと影響受けてるのかもしれないな。。僕の場合アラスカじゃなくて千葉だけど。

te416.jpg

The End_416 大岡山 / Nikon F3

「THE END」「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」「Facebook」
■■■ | Comment : 2 | Trackback : 0
▲▲▲
お客様のご満足
7ヶ月ぶりに散髪し、5年ぶり(くらい)にヒゲを剃り、コンタクト新調したら右目だけ2ランクも悪くなってた。
定期もちゃんと買って、住民税も4期目払い終わって、なんだかスッキリな僕!!
なんだけど、週末べらぼうに忙しくてブログ更新ならず。ちなみに僕の日曜日は今から!とりあえず帰ろう!
明日から実家のちょっとだけ改装工事。あーちゃんよろしくねぇ。

te415.jpg

The End_415 多摩川 / Nikon F3

「THE END」「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
人魚のありか
カメラを持って散歩しているとき女子高生が集団で歩いてきた。
同じ部活らしく、全員マゼンタの鮮やかなジャージを着ていた。
それがグレイな町並みのなかですごく映えて、幻想的だったんだ。
もちろん僕はカメラを構えた。しかし僕の中でブレーキがかかる。

「変質者でしょっ引かれるぞ!」

女子高生じゃなく、ジャージを撮りたいんだけどそんな理屈も通る訳ないし。
電車の痴漢と同じで、しょっ引かれたら冤罪でも完全に男に分が悪い。
結局ぼくは写真を撮らずに歩き出す。写欲に苛まれながら。
そんな時に思うんだ。ぼくも年をとったんだなあ。って

te414.jpg

The End_414 武蔵新田 / Nikon F3

「THE END」「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
続。煙と鏡
R0027985.jpg

「窪美澄 / ソラナックスルボックス」

もうすぐ新作「晴天の迷いクジラ」が発売されるみたいですが「ふがいない僕は空を見た」でファンになり新潮社のyomyomを窪美澄さん目当てで買って「表現性の可塑性」を読んだ。そしたらもっとファンになってしまい、もっと前のyomyomを買って今回の「ソラナックスルボックス」を読んだ訳だ、そのうち短編集でるでしょうに。でもこれがファンというものだ。

北関東の農家に生まれた由人。成績優秀の兄と運動神経に恵まれた妹の間に挟まれ、パッとしない由人は母親の愛にも恵まれず、祖母と無口な父親に育てられる。同じ家庭なのに母親チームと、祖母チームに分かれている環境のなか祖母が亡くなり、由人は父親に言われ家庭を飛び出し東京へ向かう。東京でできた恋人とはなにもかも理解し合い、関係が永遠に続くと思っていた。

過去と現在の物語がいったりきたりするけど、まったく気にならない、むしろ良い。
そして比喩と擬態語が抜群に良くて、そこでドキドキしてしまう。比喩は村上春樹っぽい。
比喩を異なった二つのイメージ間のジャンプ力と考えると、村上春樹ほど遠くまでジャンプする作家は日本に存在しない。
と言ったのは誰だっけ。なんとか環さん。話がそれますが。

とにかく80Pの短編なのに世界が詰まってて、終わってしまうのが寂しくなるくらい僕のツボみたい。
なので新刊もすぐ買うと思うよ。本当にファンみたいだ。久しく素直にそうゆう作家が居なかったから素直に嬉しいのだ。
そしてスヌーピーがビーグル犬だというのをこの小説で初めて知った。

こんなの見つけた。
村上春樹の例え、比喩、暗喩の名言集。

パリのノーコメント野郎、フジタくんに貰ったしおり。使ってるぞ!もうふにゃふにゃだぞ!

te413.jpg

The End_413 多摩川 / Nikon F3

「THE END」「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
プリンス・エドワード島行き
先週末はミニ帰省、でも実家にPC持ち込んで仕事という状況に。夕方から甥っ子のおもりしておしまい。
実家の前で中学時代同じバレー部だった崇雄くんに会った。子どもおっきい!3年生だって。
近所の花ちゃんは看護師として立派に働いてるらしい。会いたかったけど残念。
みんなしっかり大人だよね。僕はまだまだ子ども~。

te412.jpg

The End_412 渋谷 / Nikon F3

「THE END」「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」「Facebook」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲