FC2ブログ
無感覚なわらくず
R0027717.jpg

「おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2 / 村上春樹」

おもしろかった。この人って長編と短編とエッセイで人格変わるよね。
良い具合にゆるく、どうでもいいことをつらづらと。
肩の力抜いて読んで、読後なにも残らない。
そんな読書も。ね、まあたまには。

話変わるけど今、海辺のカフカを読んでる。2回目。
やっぱり不思議な話。
男男と男女と女女。。。は?
イワシが空から降ってくる。。。はあ?

やっぱり村上春樹の言ってることなんて分からないよ。
わからないけど読むんだよ。そして心持ってかれるんだよ。
それに尽きる。

te333.jpg

The End 333_赤が好きね / Pentax645+Carl Zeiss T* Planar CF 80mm F2.8

「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
待ち合わせは明大前
te332.jpg

The End_332 尻手 / Hasselblad 500CM

「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
今宵渋谷が暗黒に包まれる
昨日ヒゲくんにデータ渡したら
もうあらかたUPしてくれた。
僕のウェブサイトリニューアルの話。
シンプルなサイトだけど早すぎる。
彼の作業が早いのか、ただのヒマ人なのか。
楽しみだ。ありがとう。

te331.jpg

The End_331 佐野 / Pentax645+Carl Zeiss T* Planar CF 80mm F2.8

「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
まずはご挨拶
しかし挨拶が終わればさっそく別れが始まる。
もしくは別れに向かって進みはじめる。
ハロー・グッドバイ。花畑に嵐の例えでもいいよ。
さよならだけが人生だ。

ぼくはこの上なく絶望しているんだ。
それがきみにわかるかい?

te330.jpg

The End_330 佐野 / Pentax645+Carl Zeiss T* Planar CF 80mm F2.8

「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
ザ・ロング・ロング・グッドバイ
longguddddobye.jpg

「レイモンド・チャンドラー / ロング・グッドバイ」

長かった。580Pよりももっと長く感じる。段落あんまりないしね。
だけど入り込んだなあ。おもしろかった。

チャンドラーの代表作だけど、ハードボイルド探偵小説。って聞くと
なんだかあんまり興味ない。やっぱきっかけは村上春樹訳ってのが大きいかも。

探偵フィリップ・マーロウはロールズロイスの中で酔いつぶれたテリー・レノックスと出会う。
富と名声を持ち合わした彼だがどことなく暗い影を落としていた。
何度か酒を飲み交わすうちに友情を覚え始めた二人。
しかしレノックスは妻殺しの容疑で追われる身分に、挙げ句の果てには自殺をしてしまう。
その裏には驚くべき真実が、、、

もうこれだけでおもしろそう。
探偵ってのを除外したら、フィッツジラルドのグレートギャッツビーに似てる空気感はあるかも。
あの時代の社交界の影とかさ。ロバート・レッドフォードかっこよかったなあ。
この頃のアメリカ文学、やっぱ好きね。レイモン・ドカーヴァーとかティム・オブライエンとか。

とにかくぼくは村上春樹が再燃してる。
多分まちがいなく。

te329.jpg

The End_329 渋谷 / RICOH GR2

「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
なまいきなやつだ。
te328.jpg

The End_328 足利 / Hasselblad 500CM

「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
もう変なんてしない
te327.jpg

The End_327 羽根木 / Hasselblad 500CM

「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
不完全な物の方が魅力的でしょ?
te_326.jpg

The End_326 宇都宮 / Hasselblad 500CM

「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
あ、ごめん。それウソです。
何度も観てるんだけど、甥と一緒にまた観たんだ。
「ドラえもん のび太の宇宙開拓史」やっぱり最高なんだよ。
前にも書いたけど、ドラえもんの映画シリーズでは
「もう会えないけど、僕らはずっと友達だからね」的な表現が心を打つ。

もちろん僕は毎回号泣だ。

だけど今回おかしな事に気がついた。もちろん「マンガだから」で一掃できてしまう事だ。
マンガだもの、、でもやっぱりおかしいのだ。おかしい!絶対おかしい!

まず、なにかの弾みでのび太の部屋の畳の下と、宇宙船の倉庫の扉が繋がってしまう。
そこはコーヤコーヤ星という、どこでもドアでも行けない程遠くにある未開の星なのだ。
(ちなみにどこでもドアは10光年の範囲でしか使用ができない)
そこでは重力が地球より格段と小さいため、力のないのび太でもスーパーマンになれる。
ちょっとこづくだけで人が吹き飛ぶのだ。もうヒーローなのだ。

なのに、ロップル君(コーヤコーヤ星人の友達)とは再会を祝して駆け寄り
思いっきり抱きしめ合うのだ、それはもうきつく。
きっとアバラどころか内蔵までいってしまってるハズだ。
だけど満面の笑みで再会を喜んでいるロップル君。なんて我慢強いんだ。
握手ひとつで指の骨は複雑骨折してることだろう。
それはもうヒーローというより、破壊神という肩書きの方が近いのだ。

uchuukaitaku.jpg

そして時間の流れが違い、コーヤコーヤ星の1日は地球の1時間にしかならない。という設定。
劇中に地球側とコーヤコーヤ星側を結ぶワープポイントで、双方から会話をするシーンがある。
時間の流れが違うなら、地球側から見たコーヤコーヤ星の人はすさまじい勢いで動いてる事になる。
逆にコーヤコーヤ星からみた地球側は「のび太くん」が「の~び~太~く~ん~」って。
特殊相対性理論の双子のパラドックスみたいなものだ。
会話なんて出来るわけがないのだ。

そして後半、のび太の勘でコーヤコーヤ星のピンチを察知する(地球で)
でも0点とったから、ママの監視のもと畳の下(コーヤコーヤ星)に行けない。
実際その時コーヤコーヤ星ではピンチな状況なわけで、一分一秒を争う訳だ。
でも地球の1時間はコーヤコーヤの24時間。
地球での10分はコーヤコーヤの4時間になる。。。
ギリギリでのび太は現れるんだけど、そのタイミングを合わせるのは至難の技だ。
もはやのび太は「運が悪い」レッテルなんて貼られる存在ではなくなる。
逆に強運の持ち主だ。でもやっぱりコケるし、運は悪い。

おかしいなあおかしいなあ。と思うんだよ。
でもさ、そう思いながらも、もちろん毎回号泣する僕なのである。
最高な映画だ。

te325.jpg

The End_325 足利 / Hasselblad 500CM

「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
ジョニー・ウォーカー再び
木が意味ありげに騒ぐ。まるで僕に問いかけるように。ザワザワと。
そこに意味はあるのか。と。
だけどそれは従順なただの木だ。

風がわがもの顔で音を奏でる。まるで僕を問いただすように。ピュウピュウと。
そこに哲学はあるのか。と。
だけどそれは門扉が起こすただの風鳴りだ。

夜の闇がすぐ近くまで押し寄せる。まるで僕を問いただすように。とても静かに、ゾゾゾと。
そこに自尊心はあるのか。と。
だけどそれは光が作り出すただの影だ。

結局世界なんて僕の思い通りなわけであって
僕が思うように形も意味も真理も変化していくのさ。
だから、さあ。僕らのこれからの話をしよう。
それはきっと素晴らしくキラキラしてるものなんだよ。きっとね。

te324.jpg

The End_324 バブ / Hasselblad 500CM

「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
FUCKヽ(゜▽、゜)ノFUCK
te323a.jpg

The End_323 渋谷 / Hasselblad 500CM

「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
特技は猫としゃべれる。です。
te_322.jpg

The End_322 新代田 / Pentax645+Carl Zeiss T* Planar CF 80mm F2.8

「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
やりっぱなし、はなしっぱなし
R0027631.jpg

「永遠の出口 / 森絵都」

永遠って言葉にめっぽう弱いの。僕。
この小説の場合では、永遠の出口=青春の終わり。だけど。

女性には良いんだろうな、思想回帰してしまうんでしょう。
僕はあんまりだった。男だからかな
愛ちゃんはキッズリターンを「男的な話」と言っていたので
これ読んでみてもらおう。どうなるんだろ。

エピローグで主人公が過去を振り返り
「どんな未来でもありえたのだ」という
その言葉がなにか印象的。

本のレビュー久しぶりだなあ。勝手が分からんなああ。

te321.jpg

The End_321 羽根木 / Hasselblad 500CM

「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
ハロー・ダークネス


サム・クックの‪Wonderful World‬。好きな曲なんだけど
歌詞を調べてみたらこんな甘い歌だったのね。良い曲。


歴史については 多くを知らない
生物学も ほとんど知らない
化学の本も 判らないし
フランス語の授業は 受けたけど駄目だった

でもぼくは きみを愛していることは知っているし
そして ぼくが判っていることは、
もしきみがぼくを 同じように愛してくれるなら
この世界は 何て素晴らしいものになることだろう

地理については 多くを知らない
三角方なんて 判らないし
代数についても サッパリだし
計算尺も 使い方さえ判らないけど

でも1たす1が 2になることなら判るし
そしてもし この1(人)がきみと一緒になるなら
世界は 何て素晴らしいものになることだろう

te320.jpg

The End_320 知らない子 / Hasselblad 500CM

「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
サムクックな夜
いつ頃からか「楽しい方が良いよね」という便利な言葉によって
いろんな「面倒くさいこと」から目を背けるようになる。
もしくは、見ないふりがうまくなる。生き方が器用になる。
一般的にはそれがひとつの、大人になるという事だったりする。

そのなんとなくな感じが嫌で、僕なりな意志を言葉にすると
「青臭いね~」とか「自由だね~」という言葉でかわされる。
そして顔はほくそ笑んでいる。明らかにバカにしてる顔をしている。
勝負しないのに満足しない矛盾野郎のくせに。歩く肉の塊のくせに。

悲しいことや、虚しいことを乗り越えて
自分は成長してきた事を忘れてはいけないのではないか。
悲しいことや、虚しいことでできた穴は「楽しさ」なんかでは埋まらない。
もし満たされてると思うのであれば、それは自分でごまかしてるだけだ。

と、朝起きたら枕元のノートに書いてあった。
まったく書いた記憶がない。ひどい文章だけど、なんか。ね。

te319.jpg

The End_319 羽根木 / Hasselblad 500CM

「Trinograph.」「とりあえずの場所」「twitter」
■■■ | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲