FC2ブログ
コンゴ=キンシャサの夢
杓子山(1597m)

shakushi09.jpg

shakushi10.jpg

shakushi11.jpg

shakushi12.jpg

shakushi13b.jpg

shakushi14.jpg

shakushi15.jpg

shakushi16.jpg

The End_1244 杓子山 / Nikon D610 と PLAUBEL makina 670

その後も岩場がしつこく続きメンタル面を削られ、山頂直下の急登は僕の股関節を痛めつけ、フィジカル面も厳しかった。
それを乗り越えた後なんとなく頂上の雰囲気がして、脳内オーケストラがフィナーレの音楽をかき鳴らしつつ、山頂へ到着。
ここがまあ富士山正面にして360度すっぽんぽん。とても気持ち良かった、、はず。心にどこか少しだけわだかまりがあった。
その時も義務を果たしたという気持ちがあった。義務ってなんだ?と自問自答したまま登り、落とし物&迷いもありテンションが低かった。
本当に景色も天気も気持ちも良かった。けどテンションはあがり切らなかった。最後にも書くけど、やっぱり無理はいけないんだなと思った。
でも誰もいない山頂はベンチとテーブルもあり、快晴で360度すっぽんぽん。で山頂で作るラーメンとサンドウィッチは安定の美味しさだった。
これだけでも十分来た意味あるんだけどさ。でもなんかテンションが上がりきらない。何度も言おう、無理はダメ。
落とし物とか、道迷いもあったけどそれでコースタイム通りだったから、まあ早かったのかもしれない。でも早々に山頂を発った。
山頂から再出発する時の感慨深さってなんかある。さようなら感があって、とてもセンチメンタルになった。

後半、僕の最初の計画では、石割山を通り山中湖まで下りるルートの予定だった。でも帰りのバスが極端に少なくて、時間との闘いだった。
とりあえずしばらく下りだけど、ルンルン下りとは行かず相変わらず岩場にロープ。それと北面の凍った雪が緊張させる。
だけど30分も歩くと落ち着いてルンルン下りになり、やっと気持ちに余裕がでてきた。これは山中湖までコースいけるかなと思っていた。
その時、地面に落ちる自分の影に違和感を覚えた。トレポの影が1本しかない、、戦慄が走った。リュックをおろして調べるとやっぱりない。
そういえば下りの岩場で尻もちまではいかないけど、ちょっとずり落ちた。その時かな、、でもあれは1時間くらい前のことだ。
この時の僕は潔くあきらめた。登山の前半ならまだしも後半で、しかも下ってきた道を登って取りに行くなんて無理だった。
トレポはリュックのサイドに付いてるポッケに挿してるんだけど、止め方が良くなかった。ゴムで固定できるんだけど、固定方法が甘かった。
軽く付けとけば出しやすいと思ってたけど、出しやすい=落ちやすい、ということに気付かなかったのだ!バカ!僕のバカ!
でも前にも書いたように失敗して、今後気を付けるようになるんです。痛い出費ですが人間として成長できたので、いいのです。泣
ついでにいうと、この登山でデジカメの液晶保護プロテクターと、レンズのホコリを吹き飛ばすブロアーも落としていた。
それに関してはたいした金額じゃないので良いんだけど、山にゴミを増やしてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。泣

という訳でもうすっきり諦めてズンズン進むけど、テンションはがた落ちなので、時間に余裕あっても山中湖はやめとこうか、と思い始めた。
朝、登り始めた所に戻るルートがあるので、その選択も視野にいれつつ進んでいたけど、決められないままその分岐に到着。
左には来た道よりしっかりした道。そして右方向に「→バス停」の看板。登り始めの所に戻れるルートだ。その時僕は迷ったあげく、、
「時間も余裕あるし、山中湖はやめとくにしても、石割山方面にもうちょっと進んでみようかな。もう少し歩きたいし」と思った。
なので左のしっかりした道へ。その道はあまり手入れはされてなさそうだけど、広くてしっかりしてるし、ちゃんとピンクリボンも多かった。
しばらく行くと道がまたまっぷたつに分かれ、そこに看板はなかった。地図にもそんな表記ないので、コンパスで方角調べて目的の方向へ行った。
10分くらい歩くとなんとなく嫌な予感がした。理由はない、なんとなく、本当になんとなく嫌な予感がした。不吉な鳥も鳴いていた。
「嫌な予感がしたら戻れ」というのを何かの本で読んでたことがあった。なので僕は最初の分岐まで戻った。
するとさっきとアングル違うので「→バス停」の道とは別に、獣道のような道があることに気付いた。
その獣道の足元には看板が朽ち果て落ちていて「石割山方面」の文字。僕が進もうと思っていた道はそっちだった。
僕はもう気が抜け、緊張の糸が切れ、頭にも来て「もうやめた!帰る!」となかば半ベソで下山を決めた。

決断してしまうと気は楽になり、緩やかにくだる林道を歩くだけだし、バスの時間にも余裕があった。
という訳で、適当に林の中で休憩した。お湯を沸かしコーヒーを入れ、パンの残りを食べたりしながら
誰もいない静かな林の中でゆっくり休憩した。これでもかってほどボケーっとした。それが今日一番で気持ち良かった。
いつも余裕なくてできなかったけど、こないだの記事に載せたアトリエブルーボトルさんの写真を撮ったりもした。
僕はまだまだ登山キャパが狭いので、登山=チャレンジ感は強い。達成感あって良いんだけど、そればっかりだと辛くなっちゃう。
なによりも最初の頃に言ってたように、僕はダラダラと森の中を歩くくらいの方が好きみたいです。
鷹ノ巣山の山頂の景色にドキドキしたけど、やぱりこうゆう静かな林の中でぼーっとしてる時間も大好きだ。何よりも安心。

それからは頃合いをみてバス停までゆっくり歩き、念願のコーラ一気飲みをして、時間通りにきたバスに乗り込んだ。
そういえば今回の登山、本気で誰一人にも会わなかったことに気付く。最初から最後までゼロです。それはそれで怖い。
でも乗り込んだバスは富士山観光の中国人がいっぱいで、都心だけでなくここまで中国人で溢れていることに辟易した。
バスから今登ってきた山を眺めて、僕のトレポと液晶保護プロテクターとブロアーのご冥福を祈った。
富士山駅でお土産のほうとうを買って、また長い時間かけて帰った。長い時間電車に乗ると、読書が進んでよろしい。でも長すぎる。

今回登山において反省点はいっぱいある。低山だからといってなめきってる自分。
そしてなによりも体調と、無理はいけないということ。無理して行っても危険だし、なによりも楽しくない。
僕は一度思うとあれこれ考えずに突っ走る部分があるから、気を付けないといけない。
この登山のあと、少し休憩という意味で山にいってません。春爛漫で天気が良い日は少しソワソワするけど。
これから新緑の季節だし、秋から山登りを始めた僕にとっては、また新鮮な時期になるとおもいます。
登山はきっと一生の趣味になる。という気持ちは今でも変わってない。だけど、だからこそ。ゆっくりマイペースにやっていこうと思います。

「THE END PHOTO」「PHOTO ARCHIVE」「Trinograph. INTERIOR」「Facebook」
杓子山 | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
整地・巡礼
杓子山(1597m)

shakushi01.jpg

shakushi02.jpg

shakushi03.jpg

shakushi04.jpg

shakushi05.jpg

shakushi06.jpg

shakushi07.jpg

shakushi08.jpg

The End_1243 杓子山 / Nikon D610

もう一ヶ月くらい前になっちゃったけど、3月18日に山梨の杓子山に登ってきました。
前回、金時山、明神ヶ岳にいった時富士山の雄大さに心奪われてしまい、富士山がよく見える山を探した。
最初は3月13日の自分の誕生日に仕事さぼって行こうと思ってたんだけど、天候が悪くてやめた。
そんで次の天候良い日と仕事のタイミングを合わせて行ってきたという訳です。

最初に言っておきます。今回の登山は失敗というか反省点だらけのものになりました。

行く前からどこか義務感があった「行かなきゃいけない」というへんな義務感があった。
だからか心のどこかで少し億劫だった。予定立ててる時もなんかあまりテンション上がらなかった。
こんなに早起きか。。こんなに遠いのか。。交通費だけでこんなかかるのか。。って。だったらやめれば良いのに。
でもなんとかテンションを上げ準備して当日の朝。喉の奥が痛い。僕は体調を崩すとき、ほとんどが喉から来るのだ。
だけど準備もしてあるし、せっかく早起きしたんだから、と身体に言い聞かせ予定通り出発する。
始発の電車にのって、立川、大月。そして富士山駅まで行き、そこからバスで30分でようやく登山口。なんと合計3時間半!!
移動だけで疲れてしまったけれど、それでもバス下りた瞬間にみえる雄大な富士山の姿を見ると、自然とテンションも上がる。
喉はだんだん痛くなってきたけど、とりあえず登山口まで来たので考えるのをやめて登り出しました。

登り始めは少しアスファルトの道だったけど、だんだん樹林帯の本格的な登山道になった。
でもすぐに景色は開け、振り返ると富士山がスッポンポン。テンションは上がる。「ほらやっぱり来て良かったじゃん」と独りごちる。
登り初めてすぐに高座山という山の頂上があり、その頂上は遠くからみると垂直に見えるほど急な坂だった。
近くに行くと、トラロープが垂れ下がっていたけど、足元はかなりぬかるんでいて、ロープがあってもかなり登り辛かった。
なんとか登り切って高座山山頂。でもなにもないのでスルーして進む。そこから10分くらい歩いた所で地面に落ちる自分の影の違和感に気付いた。
僕は登りの時にトレッキングポールをあまり使ってない。下り道で1本使うくらい。だからリュックの脇に2本挿して登っている。
そのトレポの影が1本しかない。。リュックをおろして調べるとやっぱりない。どこかで落としたみたい。
登り始めに持ってたのは覚えていたので、それからこの1時間くらいの間に落とした、はず。ショックだけど戻ってみる。
その時の僕の脳内は、諦めて進むか?いやもうちょっと戻ってみよう。という感情のせめぎ合いでした。
高座山の頂上まで戻ってなかったら諦めよう。と思い、いざ頂上から登ってきた急な坂を眺めると、そこに僕のトレポは落ちていた。
ロープを持って夢中で登ってる時に落としたみたい「やったー!」とでかい声がでた。歓喜。嬉しかった。
戻ってる間「みつからなかったらまた買わなきゃいけないのか、、痛い出費だな」と、へこんでたんだけど
みつかってからは「買わないで済んだから、欲しかったあれ買っちゃおうかな!」に変わってた。とても自分に都合が良い。

時間は少しロスしたけど、それでもコースタイムより早かったので、気を取り直してずんずん進む。
そこからは岩場が多くなり、切り立った所も多くて、高い所が苦手な僕は緊張する場面が多かった。
奥多摩に比べて、登山道の整備が乏しい感じはしました。ロープが多いんだけど、なんか緩かったり、切れてたり。
とにかく気を付けながら進むと鉄塔の下に出る。この鉄塔の裏に道があるんだけど、それが正規ルート。
でも鉄塔でその看板に気付かなかった僕は、正規ルートよりかなりハッキリしてた方の道へいってしまった。
その道は明らかに下っていたけど、リボンもいっぱいあるし大丈夫だべ、と思って進んだ。
でもいくらなんでも下りすぎるし、どんどん道も細く、悪くなっていった。それでもリボンは相変わらず多かった。
その先にはまた鉄塔があり、そこで道は終わっていた。鉄塔の点検の為の道だったのかな。
その時には最初の鉄塔の裏に道があることに気付いてないので、頭の中は軽くパニック状態になった。いや、かなりパニックだった。
とりあえず戻るけど、頭の中は???でいっぱいだった。だって他に道なんてなかったから。
しかもずっと下ってきたから、当たり前だけどずっと登り。焦ってるから早く戻ろうと急いでしまい、かなり体力を消耗した。
鉄塔の所まで戻ると、さっきとアングル違うので、鉄塔の裏にある「←杓子山」の看板がばっちりみえた。
安心したけど、テンション下がったし、かなりどっと疲れた。もう帰りたいと思った。喉も痛いし。

ところが僕の災難はまだまだ続くのであった。

つづく。

「THE END PHOTO」「PHOTO ARCHIVE」「Trinograph. INTERIOR」「Facebook」
杓子山 | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲