FC2ブログ
小さい雪みーつけた
金時山(1213m)明神ヶ岳(1169m)

kin_myo14.jpg

kin_myo15.jpg

kin_myo16.jpg

kin_myo17.jpg

kin_myo18.jpg

kin_myo19.jpg

kin_myo20.jpg
↑明星ヶ岳 山頂

kin_myo21.jpg

kin_myo22.jpg

kin_myo23.jpg

kin_myo24.jpg

kin_myo25.jpg

kin_myo26.jpg

The End_1125 金時、明神ヶ岳 / Nikon D610 と PLAUBEL makina 670

金時山を下りきり明神ヶ岳に向かう道からは、ほとんど登山者に出会わなかった。ここから下山するまでに会ったのは2人だけ。
ここからが見たかった風景です。バリカン道とは良く言ったもので、2mを越す笹(なのかな?)をスパッと刈ったような道が続く。
道はぬかるんでて、ドロドロの所が多かったけど、岩場も、高くて怖い所もなかったので、ルンルン歩けた。
たまに疲れて立ち止まった時に振り返ると、雄大な富士山とまん丸の金時山。金時山のフォルムはかわいくて好きだ。
明神ヶ岳の頂上に着いたのは13時半。すごくお腹空いて途中で食べようかと思ったけど、ここ!という景色の場所がなくて
なんとなく頂上まで来てしまった。大涌谷を一望できる頂上は最初おっさんがひとりいたけど、すぐいなくなり、基本僕ひとり。
一番良い場所に陣取って、ご飯作って食べました。鷹ノ巣山までの感動はまったくないけど、やっぱり山頂で景色見ながら食べるご飯はうまいのです。
今回はバゲットをまるまる1本持っていき、ボイルしたウインナーと、チーズと野菜を挟み、オリーブオイルをかけて食べた。あとラーメン。
これがバカウマでした。こんど皆で登った時に作って食べさせてやろうと思った。

その後下山するまで、明瞭で気持ちの良い道が続きました。でもこのあたりから天気は曇ってきて、富士山もいつのまにか隠れちゃった。
雨までは降らなかったし、曇った林もなかなか悪くない雰囲気だったので、ぜんぜん苦にならなかったけれど。
せっかくなので明星ヶ岳も通っておき「これが山頂!?」と突っ込みいれてから、強羅駅方面に下り、バスで小田原に出て東海道線で帰ってきた。
奥多摩エリアの時は、新宿駅で日常に戻ってきたことを感じますが、今回は横浜で東横線に乗り換えるときにそれを感じた。
綺麗な服を着た人たちの中を、泥だらけの靴で突き進むのにも、電車内で嫌な顔されるのにも、かなり慣れてきました。

明神ヶ岳の頂上からは今日歩いてきた道を一望できた。箱根外輪山の一部。これ一日で一周できるのかな、とコーヒー飲みながら思った。
帰ってから調べてみたら、トレイルランニングの人で、そうゆうチャレンジしてる人がいた。
僕はトレイルランニングにあまり興味はないけど、箱根外輪山一周。。なんか楽しそうだな、と思ってる自分もいた。でも今はまだいいや。
なぜ僕がここまで登山を好きになったのか、なんともなしに考えてた。でも考えてみたら単純で、好きになる要素ばかりだった。
僕は20kmくらいまでならランニングする人間だし、写真を撮るのも好き、そしてひとりでどこかに出かけるのも、旅行も好きだ。
それに付け加え妙な緊張感と達成感。山の中でのうまい食事。と好きなことだらけである。
でももちろん、まだ恐怖感も不安感も多くて、億劫な時もある。でもそれを乗り越えると自分のキャパが広がっているのが実感できる。
実生活、及び仕事とかで、こんなに成長を実感できることってそう無い。今のテンションだからそう思ってるだけかもしれないけど。
少なくとも一生の趣味になる予感はしています。だからこそゆっくり、だんだん出来るようになれば良いかなと思っている。その方が楽しいし。
もっと早くから始めておけば良かったとも思うけど、まあそれはそれで良いのさとも思っている。なんにせよゆっくりで!

さあ次はどこへいこうか。

「THE END PHOTO」「PHOTO ARCHIVE」「Trinograph. INTERIOR」「Facebook」
金時山、明神ヶ岳 | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲
迷いの海
金時山(1213m)明神ヶ岳(1169m)

kin_myo01.jpg

kin_myo02.jpg

kin_myo03.jpg

kin_myo04.jpg

kin_myo05.jpg

kin_myo06.jpg

kin_myo07.jpg

kin_myo08.jpg

kin_myo09.jpg

kin_myo10.jpg

kin_myo11.jpg

kin_myo12.jpg

kin_myo13.jpg

The End_1124 金時山、明神ヶ岳 / Nikon D610 と PLAUBEL makina 670

3月5日。金時山と、明神ヶ岳に登ってきました。今回の登山は今までの奥多摩から離れ、箱根エリアの山です。
初心者向けの金時山から、なんとも個性的な明神ヶ岳までの道は、いろんな表情があって楽しかった。
標高はたいした数字ではないけれど、あとで調べたら合計15kmくらい歩いてた。
それなりにアップダウンもあったけど、基本的にルンルン歩ける感じで、景色も良くとても楽しかった。
ちなみに今回は、デジカメにマニュアルフォーカスの単焦点レンズをつけて行きました。
いつもNikon F3に付けてるツァイスのプラナーF1.4/50mm標準レンズ。これが山だとまた新鮮でした。
つってもズームレンズリュックサックにしのばせている自分。それに加えてプラウベルマキナも持ってる。
なんとカメラ関係だけで5kg!まったく軽量化が進まない。でもこればっかりはしょうがない。

もうソロ登山が普通になりつつありますが、今回も一人で登ってきました。
しかも今回は新宿から高速バスで行くという、なんとも遠足感あふれる感じです。
新宿西口、6時半始発のバスに乗った。この時間で、少しゆっくりだな、、と思うようになってる自分が少し怖い。
高速バスはすごく新鮮で、少年時代の遠足とか、修学旅行とかの記憶がすごく甦った。
落ち着かず座席を乗り出して後ろを眺める男子とか、好きな女の子の席が気になる自分とか、車に酔って吐くやつとか。懐かしい。
実際の乗客は仕事に向かうオッサンばかりだったけど、僕の脳内は完全に修学旅行みたいになっていた。

箱根に着く前に丹沢の山並みが見えた。googlemapで調べながら見てワクワクしていた。
このアクセスの良さは本当に気が軽くなる。平日だと、自宅から奥多摩駅に着くのはどうやっても3時間かかる。
しかし丹沢だと1時間半で行ける登山口がある。このアクセスはかなり魅力。いまから楽しみ。
そんな丹沢の山をかすめながらバスはグングン進み、雄大な富士山をちらつかせながら進んでいく。
御殿場を過ぎ、少しだけ山道を登り「乙女峠バス停」で下車し、そこからすぐ登山道が始まっていた。

奥多摩は狭いところにギュウギュウ山を詰め込んでいるイメージ。だから登り始めはどこの山も急な坂から始まる感がある。
箱根の山は(といっても初めてだけど)何か広い。ゆとりがある。景色も奥多摩的な植林の林ではなく、豊かな雰囲気だった。
登り初めてすぐ開けた場所に出て、大涌谷が丸見えになる。そしてそれを囲むような箱根外輪山もしっかり見える。そして硫黄の臭い。
数十分に一回、雷のような大きな音が響いた。なんだろうと思ってたけど、自衛隊の演習なんだそうだ。
なんだ戦争しないとか言っておきながら、ちゃんと戦争の準備してるんじゃん。と思ったかどうかは僕にもわかりません。

二時間くらいで金時山山頂。それまでは登山者と会わなかったけど、山頂にはそれなりに人がいた。
そういえば僕、山小屋って初めてだ。と思ってドキドキしながら覗いてみた。なにも買わなかったけど、駄菓子屋みたいな雰囲気で好きだった。
富士山見ながらインスタントのコーヒーだけ飲んで、次へ。ここからは平日なのに登山者が多かった。
ひとり静かに歩く登山はすごく良いし、それを求めてる自分もいるんだけど、すれ違う人が皆元気に、良い意味で馴れ馴れしく話しかけてくる。
それが(自分でも意外だけど)わりと嫌じゃない。元気に挨拶し返した「おはようございまーす!」って。なんだ僕意外と行けるじゃん。

やっぱり今回も写真が多いので、続きます。

「THE END PHOTO」「PHOTO ARCHIVE」「Trinograph. INTERIOR」「Facebook」
金時山、明神ヶ岳 | Comment : 0 | Trackback : 0
▲▲▲